page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フィレンツェにある「劇場」という名のレストラン。そのわけは?


掲載日:2008/03/04 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい グルメ レストラン 新しい


有名人も食べに来る!

ピザ「Il Teatro(イル・テアトロ)」は、トマト、モッツァレッラチーズ、ポルチーニ、sペックハムのトッピング。7ユーロ ピザ「Il Teatro(イル・テアトロ)」は、トマト、モッツァレッラチーズ、ポルチーニ、sペックハムのトッピング。7ユーロ

6階立て、1500人をも収容する美しい劇場、「テアトロ・ベルディ(=ヴェルディ劇場)」。
と書き始めたものの、今日ご紹介するのはこの劇場ではなくて、昨年8月にその入り口のまん前にオープンした「イル・テアトロ(=劇場)」の方。そういう名のレストラン&ピッツェリアです。場所柄というかそれを見込んでというか、上演日には観客も来れば追っかけも来るし(イタリアにだっています(笑))、そして演じる俳優・女優も!サッカー選手を除いてこの国の有名人がどれだけ日本に知られているか…、とにかく店内に貼られる彼らの写真もこれからどんどん増えていくでしょう。

手品が見れるレストラン

「Pennette ”Il Teatoro”(ペンネッテ・イル・テアトロ)」は、アスパラガス、あさり貝、海老、ポルチーニの入ったトマトソース味。8ユーロ 「Pennette ”Il Teatoro”(ペンネッテ・イル・テアトロ)」は、アスパラガス、あさり貝、海老、ポルチーニの入ったトマトソース味。8ユーロ

さてこの店、さすがは「劇場」という名を付けただけあって、ここでもそのひとコマを演じてくれます。というのは、オーナーやウェイターのおじさんが手品を披露してくれるのです。
最初真っ白だったノートが、念じた後にデザイン画に変わり、もう一度念じると今度はそれに色がついてしまったり。私が選んだカードの図柄が、虫眼鏡のようなレンズに浮き出てきたり。またタバコの灰やつまようじを使ったりetc…それはそれは手を代え品を代え。目の前でやられると、そこにどんなからくりがあるのやら…!?
(満席のときにはそういった時間がとれないので予めご了承ください)

格安料金で味も良し

「Ribollita Toscana(リボッリータ・トスカーナ)」は、トスカーナ産カボロ・ネーロ(黒キャベツ)、豆、パンなどを煮込んだスープ。6ユーロ 「Ribollita Toscana(リボッリータ・トスカーナ)」は、トスカーナ産カボロ・ネーロ(黒キャベツ)、豆、パンなどを煮込んだスープ。6ユーロ

そんな店なので、笑い声の耐えない(オーナーが始終笑っています)、気軽に入れるところです。
料理も、ピザ系が30種類にパスタ系が23種類と、肩の凝らない料理が豊富。それらは5〜8ユーロと嬉しい料金設定です。例えばもっともシンプルなピザ「マリナーラ(トマト+ニンニク+オレガノ)」は5ユーロで、「マルゲリータ(トマト+モッツァレッラ+バジル)」は5,5ユーロ。フィレンツェ&トスカーナ名物の長時間煮込んだ具沢山のスープ類:ロボッリータやパッパ・アル・ポモドーロも6ユーロです。安くてもまずくちゃ話になりませんが、美味しいのでどうぞご安心を!
ちなみに私のおすすめは、店オリジナルのピザ「イル・テアトロ」、パスタ「イル・テアトロ」です。どちらもポルチーニをたっぷり使った料理。おいしい料理をお供に、おもしろい一時をどうぞ。

【関連情報】

レストラン・ピッツェリア「Il Teatro(イル・テアトロ)」の内観 レストラン・ピッツェリア「Il Teatro(イル・テアトロ)」の内観

■ Il Teatro(イル・テアトロ)
住所:Via Ghibellina 128r, Firenze
電話:(+39)055-2466954
URL:http://www.ristoranteilteatro.net
営業時間:12:00〜15:00/19:00〜24:00
定休日:11〜3月の月曜

(日程等の情報は2008年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索