page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フィレンツェ、大人気のパニーノ専門店。ここが違う!


掲載日:2008/03/14 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい グルメ レストラン 安い


種類、量、味、価格、すべてピカいち!

パニーノ専門店「The Oil Shoppe」の内観 パニーノ専門店「The Oil Shoppe」の内観

今日はイタリア流サンドウィッチ、パニーノのご紹介です。
とその前に私事ですが、パンをさほど好まず、ましてあの三角形の具がちょっぴりのサンドウィッチでは主食にするのは難しかった現実。でもこのパニーノは別です。それも、この店のパニーノはそれこそ別も別。これまでにも、お菓子屋さんやエノテカ、惣菜屋さんの作る美味しいパニーノをご紹介しましたが、この店は初めてご紹介する“パニーノ専門店”。専門店だけにバリエーションが豊富だし、なんといっても具のボリュームがすごい!そして味が唸らせる、おまけに値段が安いということで、1日350個も売り上げる、大・大人気のパニーノ屋さんなのです。

パンにもソースにもこだわる本格派

既存メニューは上の黒板に。左側がコールド、右側はホット系 既存メニューは上の黒板に。左側がコールド、右側はホット系

「サンドウィッチか、軽食だな」なんて思ったら大間違いですよ。街中でよく見かけるぺったんこのパニーノとは違います。口を大きくあ〜んぐりと開けなきゃ食べられない。具の存在感に舌は喜ぶわ、お腹にもずっしりたまるわで、パニーノに対するイメージが変わります。それはつまり私がそうでした(笑)。
具材の並ぶガラスケースの前で注文して、その場で作ってくれる本格パニーノは、中身を自分でセレクトするもよし、メニューから選ぶもよし。店はパンにもこだわっていて、フィレンツェ名物スキャッチャータ、バゲット、黒パンと3種類を用意。ソースやマヨネーズはもちろん自家製。グリルドチキンなどの具も、奥の調理場で料理したものです。

例えばこれ、人気メニュー

ガラスケースの中の、ハム、チーズ、てんこ盛りの野菜 ガラスケースの中の、ハム、チーズ、てんこ盛りの野菜

まずは好きなパンを選びましょう。それに、ハム1種+チーズ1種+野菜4種をはさんで、しめて3,5ユーロ。野菜を1種類追加で+50セントです。
また、既存メニューから選んでもOK。例えばコールド系では、パルマハム、パルメザンチーズ、焼きナスにバルサミコ酢とクルミソースを載せた「PARMA HAM(パルマハム)」。「TUSCAN SALAMI(トスカーナサラミ)」は、胡椒のきいたトスカーナサラミにプロボローネチーズ、フレッシュトマト、玉ねぎのスライスにマスタードをかけたもの、などなど(3,5〜4,5ユーロ)。
ホット系では、トミーノチーズに卵、トリュフ(!)ソースの「ITALIAN GRILLED CHEESE(イタリアン・グリルド・チーズ)」や、メルルーサのグリルとレタスにマヨネーズをかけた「FISH BURGER(フィッシュ・バーガー)」etc…(4ユーロ)。パニーノのほかにも、日替わりのスープ、ケーキなどサイドメニューもGOODです。

もうあなたはパニーノ・ファン

メルルーサ(赤魚)のホットパニーノ。魚が幅きかせてます! メルルーサ(赤魚)のホットパニーノ。魚が幅きかせてます!

店の名は、「ザ・オイル・ショップ」。かれこれ4年半ほど前の開店当時、オリーブオイル屋さんだった店は、翌年からパニーノを売り始め、本格的パニーノ専門店となった今でも店名はそのまま。それらのたくさんのオリーブオイルは隣に開けたレストラン(また次回ご紹介します)に居所こそ移しましたが、この店の具材には、オリーブ屋の上質なオリーブオイルを使っているわけです。それも美味しさの秘訣なんですね!
イタリア流サンドウィッチ、是非一度、旅の間に食してみてください。でも、きっと一度では終わらず、また別のを食べてみたくなることでしょう!

【関連情報】

店内には20席ほど。とにかく混むので早めに行きましょう 店内には20席ほど。とにかく混むので早めに行きましょう

■The Oil Shoppe(ザ・オイル・ショップ)
住所:Via S. Egidio 22r, Firenze
電話:+39-055-2001092
URL:www.oleum.it
営業時間:11:00〜21:00(日曜は12:00〜18:00)
定休日:土曜
その他:パンがなくなるとパニーノ販売は終了になります

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索