page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

広〜い青空の下に彫刻が並ぶ、入場無料のアートパーク!


掲載日:2008/06/23 テーマ:観光地・名所 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: すごい! 公園 美しい


200体もの彫刻

タイトル「Spaventapasseri」とは、いわゆる「かかし」。まるでかの映画の主人公のような… タイトル「Spaventapasseri」とは、いわゆる「かかし」。まるでかの映画の主人公のような…

こんな公園見たことありません。いーえ、聞いたことさえありませんでした。
23,900平方mもの広大な敷地、広〜い青空の下に、200体余の彫刻の置かれたアートパーク。“フィレンツェ彫刻の庭”とでも言いましょう。それもここ、公営ではなく私設なんです。そしてその入場が無料っていうんですから、そう、聞いたことさえなかったわけです。教会でさえも入場料を取るところが多くなったこのご時世、なんて太っ腹で暖かいことだと思いませんか?

その彫刻家とは?

23,700平方mもの敷地には芝生が敷き詰められて、緑と青空に挟まれた気持ちのいいパーク 23,700平方mもの敷地には芝生が敷き詰められて、緑と青空に挟まれた気持ちのいいパーク

公園名「Parco d’Arte Enzo Pazzagli(エンツォ・パッツァーリのアートパーク)」の通り、運営されているのはエンツォ・パッツァーリ氏。作品群も、彫刻家である氏がここ20〜30年の間に製作したものです。
氏はイタリア国内をはじめ国外でも展示会などをされるほどの方。フィレンツェを州都とするトスカーナ州の州庁舎の庭に、州のシンボルである「ペガサス」の彫刻がありますが、それも氏が依頼を受けて作られたものです。
他に実はあと2体、同じような「ペガサス」が作られていて、ひとつは園内に、もうひとつはこの公園の入口に置かれています。公園に着くと、まずは天を華麗に駆け巡る馬が出迎えてくれて、もうそこから圧巻ですよ。

どんな作品?

日本人のイメージがこれ。2000年のジュビレオ(聖年)にバチカンを訪れた人の中のひとり? 日本人のイメージがこれ。2000年のジュビレオ(聖年)にバチカンを訪れた人の中のひとり?

作品は、高さがわずか30cmほどの小さなものから5mの超ビッグサイズまで様々。氏が独自のイメージを膨らませたもの、寓話の中から創造したもの、有名人を模ったもの等。「コンサート」、「ピノキオ」、「Spaventapasseri(かかし)」etc..とそれぞれにタイトルが付いていて、ちなみにこの「かかし」はまるでかの映画の“IT”! けれども氏曰く、「私の方が先に作ったんだよ」とのことです。
また個人的に受けたのは「quattro pellegrino per Giubileo(聖年の4人の巡礼者)」の中の“日本人”のパーツ。彼(彼女?)だけが首からカメラを提げてるんです。んー、今はこのタイプは少ないと思うんですが、日本人に対するイメージはやっぱりこうなんですね。
そしてもうひとつ、「三人のジゴロ」。女性へのアモーレを無制限に抱くらしい(笑)彼の友人、アントニオ、マウロ、サンドロの三人だとか。
女性の皆さん、イタリアに来たらこれらの名前の人に気をつけましょう!……とは冗談ですが。

行き方は簡単

パーク入口に立つ「ペガサス(天馬)」 パーク入口に立つ「ペガサス(天馬)」

フィレンツェの街中から「14A」のバスに乗って「Aretina 11」で下車。20〜30分です。
運転手さんに「着いたら教えて」と頼んでも、停留所名を覚えてない方もいる(!)ので、民家が減ってきたなと思ったら気をつけてくださいね。
「Aretina○」、「Aretina△」と続いた後に一度他の名前に変わりますが、そこで慌てて降りないように! 再度「Aretina 11」が来ます。←それは私でした(笑)。

【関連情報】

■ Parco d'Arte Enzo Pazzagli(エンツォ・パッツァーリ・アートパーク)
住所:Via Sant'Andrea a Rovezzano 5, Firenze
電話:+39-055-691114 / 348-3300352
URL:http://www.pazzagli.com
入場料:無料
営業/開館時間:6〜8月は10:00〜12:30/16:30〜19:30(木のみ21:00〜23:00も)、4・5・9月は10:00〜12:30/15:00〜19:00、3・10・11月は10:00〜12:30/14:30〜18:00
その他:12〜2月と火曜日は要予約
行き方:14Aのバスで「Aretina 11」下車。フィレンツェの中心から20〜30分ほど

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索