page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ちょい不良オヤジの祭典!? フィレンツェは男性ファッション花盛り!


掲載日:2008/07/04 テーマ:祭り・イベント 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: イベント 洋服


日本で流行る男性ファッションはイタリアがルーツ

ピッティ・ウォモは世界最大級のメンズファッション展示会。会場内は「カッコいい」仕掛けがたくさんあります。イタリアのアンティークカーも並び男心をくすぐります ピッティ・ウォモは世界最大級のメンズファッション展示会。会場内は「カッコいい」仕掛けがたくさんあります。イタリアのアンティークカーも並び男心をくすぐります

ここ数年、日本では男性ファッションがとても注目されていますよね。僕も男性の一人としてコーディネートの幅が広がるのはとても嬉しく思います。やっぱりいくつになっても格好良くいたいものです。
そのカッコいい男の代名詞といったら「イタリア人」でしょう。イタリアで活躍したサッカーの中田英寿も帰国の度にその服装が話題になっていましたし、ジローラモ氏による「ちょい不良オヤジ」ファッション術が紹介され、一躍イタリアの男性ファッションが注目となりました。
イタリア人男性は皆おしゃれ……それもそのはず、イタリアモード界は最新男性ファッションの中心であり、フィレンツェでは毎年、世界最大級のメンズファッション展示会が開催されます

世界のメンズファッション界が注目するピッティ・ウォモ

各ブースは趣向の凝らされたディスプレイで飾られています。イタリアのちょい不良オヤジがたくさんいます 各ブースは趣向の凝らされたディスプレイで飾られています。イタリアのちょい不良オヤジがたくさんいます

フィレンツェで毎年1月と6月に開催される「ピッティ・ウォモ」はメンズファッションの見本市として世界最大級の規模を誇り、70回を超える長い歴史を持ちます。イタリアブランドはもとより、世界各国の有名ブランド、アーティストたちが翌年の新作を発表する注目の場なのです。
そしてその最新ファッションをいち早く紹介しようと、世界中からバイヤーが集まり、商談・買い付けを行う、まさに業界にとってその一年の動向を占う重要な時期となります。
日本からは大手百貨店、セレクトショップなどのバイヤーが訪れ、真剣に商談する姿を見ることができます。

モード会場は要塞、ホテルと町中にひろがります

フィレンツェの町中を散策すれば、ファッション業界の人たちに出くわすのもこの時期ならでは。写真はフィレンツェ生まれのブランド、フェラガモ本店 フィレンツェの町中を散策すれば、ファッション業界の人たちに出くわすのもこの時期ならでは。写真はフィレンツェ生まれのブランド、フェラガモ本店

メイン会場はフィレンツェ中央駅から北に10分ほど行った要塞跡。会場内にはテーマ別の建物がいくつもあり、ブランドの展示スペースとなる無数のブースが収まっています。全体で数百ものブランドが入っていることでしょう…。
あいにくピッティ・ウォモの展示会はファッション業界関係者しか入ることができませんが、この時期はフィレンツェの町がピッティの祭典一色、モード一色になるので町を散策しても普段見れない光景を楽しむことができます

モデルが闊歩するフィレンツェは一見の価値あり!

世界最大級の展示会だけあって、世界中からファッション関係者があつまり、フィレンツェの町も自然とモードの雰囲気となっています。なによりも楽しいのが、フィレンツェの町を歩いていると、いかにもファッション業界の人といったお洒落な人たち、モデルのような美しい、カッコいい人たちをたくさん見かけることです。
町でそんなシーンに遭遇したら、さりげなく写真をパチリと撮りましょう。フィレンツェの中世の町並みに、すらりと美しいモデルさんや、葉巻を片手に談笑する渋い紳士の姿はやっぱり絵になります。
ファッションに興味がある人はこの時期にフィレンツェに行くとさらに楽しいこと間違いなしです。

【関連情報】

■ピッティ・ウォモ
場所:フィレンツェ中央駅より北、フォルテッツァ・ダ・バッソで開催
開館時間:毎年1月と6月
URL:http://www.pittimmagine.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索