page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

テラスからドゥオモが!街のド真ん中のオープンルーフでカフェしよう!


掲載日:2008/09/18 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい すごい! カフェ


ドゥオモのクーポラが目の前に

テラスからドゥオモを眺める様子 テラスからドゥオモを眺める様子

中世の町並みに酔いながらの観光途中、ちょっと一息するなら、断然お勧めなのがココ、「La Terazza(ラ・テラッツァ)」。夏でも冬でも青空を仰いで気持ちよく休憩できるオープン・カフェです。でも、ただの“オープン・カフェ”じゃない。ココは特別。何が特別って、あの大聖堂ドゥオモのクーポラ(丸屋根・ドーム)やそのお隣の鐘楼がすぐ目の前に見える“オープン・ルーフ(屋上)・カフェ”なのです!! 青空をバックに聳えるそれらを眺めながらのカフェ・タイム…、気持よさそうでしょう!?
ココは、街のド真ん中の共和国広場に面しているデパート「Rinascente(リナシェンテ)」の屋上バール(カフェ)。すなわち、広場で寛いだり、行き来する人たちもすぐ眼下に見える構図です。フィレンツェ広しといえども(そんなに広くないですね…)、そんな抜群のパノラマを仰げるのは、もちろんこのバールだけですヨ。

屋内/屋外、料金は僅差

テラスの真下には共和国広場 テラスの真下には共和国広場

さてこのバール、デパートの最上階から階段を上ったところに屋内のテーブル席があり、それからもう1階分階段を上るとオープンテラスになっています。
屋内外ともにメニューは同じですが、お値段を比べるとテラスの方が少しだけお高め。例えばエスプレッソは屋内2ユーロに対して3ユーロ、カプチーノは屋内の3,5ユーロに対して4ユーロ(イタリアっぽい(?)チョット不思議な差額!)とテラス席に座るにはもっと高そうに思えますが、実はそれほどでもないんです。なので、体も休まれば、気持もゆ〜っくり、幸せ気分になること間違いなしのオープンテラス席を是非是非お勧めします

ランチも取れます

屋内フロア 屋内フロア

さらにこのバール、意外と知られていませんが、12:00〜16:00にはランチもあるのです。日替わりで、屋内では6ユーロ、テラス席では8ユーロ。一般にレストランやバールなどのランチライムは2時半頃に終わってしまうので、午後4時までというのも嬉しいサービスですね。休憩に立ち寄るか、昼食をとるか。フィレンツェに来たら、こんなシチュエーションで街を眺めてみるのもいいですね。
最後にひとつ。私のお勧めドリンクは、寒い冬には特別美味しい「ホットチョコレート」。甘い飲み物は苦手な私ですが、ここのホットチョコレートは大好きで、疲れた体と心(笑)を癒してくれる気がします。

【関連情報】

■ La Terazza(ラ・テラッツァ)
住所:Piazza della Repubblica 1R, Firenze (La Rinascente デパート屋上)
電話:(+39)055-283612
営業時間:10:00-20:15(日曜10:30-19:15)
定休日:無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索