page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

見た瞬間ドキッとする、オリジナル×モダンなジュエリー&アクセサリー


掲載日:2008/09/24 テーマ:ショッピング 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: かわいい アクセサリー ショッピング


伝統の金細工と一線を画するデザイン

「2008 オリンピック・リング」。ボールは色が替えられます 「2008 オリンピック・リング」。ボールは色が替えられます

“深海から発する一筋の光が水面を射る。力強いのに、穏やかな輝き…”
「IDRUS GIOIELLI(イドゥルス・ジュエリー)」のジュエリーとアクセサリーを見たとき、受けた印象がこんな感じでした。
そこは、フィレンツェにこんなジュエリー店があったなんて!と、とても新鮮に感じた、オリジナリティ溢れるモダンなデザインを発表しているお店。
フィレンツェは伝統工芸のひとつとして金銀細工が有名ですが、これまで見慣れたものとは全く異質です。町いち・にの観光地であるヴェッキオ橋に並ぶ宝石店の、キラキラと黄金色に煌くショーウィンドウに目を奪われ、その“華やかな輝き”に魅せられる私も、今回はまるで違って、厚い水の層を突き抜ける揺るぎのない光の矢に心を射られた……、とそんな感じでしょうか。

エレガントでシック、そして繊細

見えずらいのですが、右上は重ね付けできる指輪で、左下はブレスレットです。どちらもジュエリー 見えずらいのですが、右上は重ね付けできる指輪で、左下はブレスレットです。どちらもジュエリー

使用するゴールドはホワイトとローズ。宝石は、ダイヤモンド、エメラルド、ルビーにサファイヤ。ジュエリーのひとつの特徴が、美しくカットされたそれらを重ねたりセットにした一体感。それは指輪が3連になっていたり、指輪とネックレス、ピアスがペアになっているというものですが、ぱっと思い浮かぶオーソドックスな3連リングではありませんよ。ノーブルな王冠のような形や、宇宙の惑星の軌道を連想するような指輪なのです。それらひとつひとつが互いにぴったり溶け合って、絶妙な光沢と彩り、フォルムを完成させているのです。
ゴージャスというよりエレガント。派手というよりシック。大胆より繊細。そんな気品あるジュエリー&アクセサリーを前にすると、美しさにアングリと口が開いてしまうのではなく、ギュッと慎ましく口を結んでしまいますね。

こちらは、+チャーミング

バックルのベースは真鍮。皮の部分は牛皮で、赤・白・黒の3種類 バックルのベースは真鍮。皮の部分は牛皮で、赤・白・黒の3種類

そしてもうひとつご紹介するのが、2-3年前に始めた「DUNE EXT」シリーズ。こちらはさらに、チャーミングな要素が加わります。ゴールドのベースに、紫、オレンジ、ピンク、水色、緑、白、黒、赤、黄といったカラフルな七宝(日本のものとは異なります)が埋め込まれているもので、昨年からは同系のデザインで、カジュアルなシルバー・アクセサリーも始めました。
七宝には透明感のあるものとないものがあり、指輪、ピアス、ペンダントにベルトもできました。細めの指輪はチョーカーをつけるとペンダントにもなって、1つで2つの楽しみ方ができるというお得な商品。また今年のオリンピックを記念して作られたオリンピック・リングはすごくユニークで、色違いの5つのボールが付いたものです。

光の矢の行方は?

ミニマリズムでシックな店内 ミニマリズムでシックな店内

製作者は、デザイナー兼オーナーのアレッサンドロさん。男性なんですよ。学生時代には建築の勉強をしていたそうですが、ふとしたことからかなりサイズの異なる(!)ジュエリーに魅力を覚え、この道に転向したのだそうです。
というわけで、お店も彼のデザインだとか。ジュエリー同様にシックな店内です。
私を射った光の矢が、さてあなたをどんな風に射るか……☆楽しみですね!

【関連情報】

デザインから製作まで行う、オーナーのアレッサンドロ・バレッリーニさん デザインから製作まで行う、オーナーのアレッサンドロ・バレッリーニさん

■ IDRUS GIOIELLI(イドルス・ジョイエッリ)
住所:Lungarno Giucciardini 19R, Firenze
電話:(+39)055-268148
URL:www.idrus.it
営業時間:10:30〜13:00、15:30〜19:30(月曜は午後のみ)
定休日:日曜

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索