page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・バーゲンの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

イタリアのアウトレット『ザ・モール』のHugeバーゲン☆


掲載日:2008/10/15 テーマ:バーゲン 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: アウトレット バーゲン 安い


アウトレット価格からさらに30〜50%OFF

「ザ・モール」向かって左手の店舗 「ザ・モール」向かって左手の店舗

冬のビッグ・バーゲン情報です! いえ、“ヒュ〜ジ・バーゲン☆”と言う方が正確かもしれません!!
●バーゲン開始は、2009年1月7日
●場所は、フィレンツェから南に約1時間の『THE MALL〔ザ・モール〕』
いわずと知れた、大・大人気のアウトレットモールです。厳選されたブランドは、世界のビッゲスト(最上級)ブランド! その顔ぶれをご覧いただければ、御理解いただけるでしょう。
モールには20店舗に23のブランドが入っているのですが、真剣にしっかり(!)と見て回るにはちょうどよい規模ですね。
さてその前に、気になるのはやっぱりお値段、ですよね!? このアウトレットは、バーゲン期間以外の通常販売価格が、ブティック正規価格の35〜70%OFF。そしてこのバーゲン期間中、そこからさらに30〜50%引きとなるのです。
旅行といっても、この超ユーロ高でお財布の紐は固く絞られがち。でもここまでやってもらえば、ユーロ高もへっちゃらですネ! 特に秋冬物は値段が張るので、きっとその安さに目の玉が飛び出るのでは!?

以下ブランド名です【アルファベット順】
Alexander McQueen、Armani Jeans、Balenciaga、Bottega Veneta、Burberry、Emanuel Ungaro、Ermenegildo Zegna、Fendi、Giorgio Armani、Gucci、Hogan、I Pinko Pallino、La Perla、Loro Piana、Marni、Pucci 、Salvatore Ferragamo、Sergio Rossi、Stella McCartney、Tod’s、Valentino、Yohji Yamamoto、Yves Saint Laurent

安く、快適な交通手段

右手奥にも店が並ぶ。バール、レストランも充実している 右手奥にも店が並ぶ。バール、レストランも充実している

モールへの交通手段は、公共バス、バスツアー、列車、タクシーなどありますが、最も安く(!)簡単な行き方は、公共バスです。
●片道3,10ユーロ(2007,10,1現在)
●バス会社:SITA〔シータ〕社(ダイヤによりALTERNI社便もあり)
●乗車場所:フィレンツェ駅前のSITA社バスターミナル……駅に向かって左手です
●行きのダイヤ:月〜土8:30/〔11:00〕/ 12:30、月〜日祝〔9:00〕/〔15:00〕
*〔 〕のダイヤは高速道路経由の直行便でTHE MALL前下車。他は一般道路経由でTHE MALL隣のショールーム前下車
●帰りのダイヤ:月〜金17:00、月〜土14:20/ 15:20/〔16:00〕/ 19:20、月〜日祝〔12:45〕/〔19:00〕
*〔 〕のダイヤはTHE MALL前乗車で高速道路経由の直行便。他はTHE MALLを出て左手の『San Mezzano城下』バス停から乗車し一般道路経由

また、THE MALLのシャトバスサービス(7〜8人乗りミニバス)もご紹介しましょう。
こちらはホテル送迎のリクエストができるとのこと。予約&詳細はお電話で。
●往復25ユーロ(2人からOK)
●毎日2便/ フィレンツェ発9:30〜THE MALL発13:30、フィレンツェ発14:30〜THE MALL発18:30(どちらも滞在時間3時間)
地元民だけでなく、国内各地、はては諸外国からのショッピング客も多いので、できればどうぞお早めに! よいもの見つけてくださ〜い♪

【関連情報】

■ THE MALL(ザ・モール)
住所:Via Europa 8, Leccio Reggello, Firenze
電話:+39-055-8657775(日本語可)
URL:www.themall.it
営業時間:10:00〜19:00
定休日:なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索