page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フィレンツェ風ファーストフードは“スローフード”! 


掲載日:2009/03/02 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい グルメ


ルネサンスの都は“食”の都

窓の外はアルノ川。すぐ目の前にポンテ・ヴェッキオ 窓の外はアルノ川。すぐ目の前にポンテ・ヴェッキオ

“食”の国として有名なイタリア。その中でもトスカーナ州は世界でも指折りの食の宝庫として有名な地域です。そして、フィレンツェはそのトスカーナ州の州都。この町はルネサンスの都でありながら同時に“食の都”でもあるわけなのです。内陸なので特に山の幸がメインで、肉、肉製品、乳製品、野菜や豆類が中心。おまけにぶどうの産地でもあるので、美味しいワインも揃っています。フィレンツェは、食文化が見直されている現代を率いていくスローフードの町なのですヨ。

スローなファーストフード!?

『il Tagliere misto(イル・タリエーレ・ミスト)』は7,5ユーロ 『il Tagliere misto(イル・タリエーレ・ミスト)』は7,5ユーロ

フィレンツェに来たら、ファーストフード=ジャンクフードだという概念を払拭しましょう! ここのファーストフードは“スローフード”。スローフードのだいたいの定義は、時間をかけて作られたナチュラル100%のものをゆっくり味わいながら食べる、ということになろうかと思いますが、“ゆっくり”というのはちょっと脇に置かせてもらって、そんなフードをファーストに食べられる店が増えています。そのひとつがここ『IL RISTORO(イル・リストーロ)』。1月末に1周年を迎えた店は、ポンテ・ベッキオからすぐのアルノ川沿いで、便利もよければ橋の見えるスローな景色も絶品! ……ということは結局、“ゆっくり”になってしまうかもしれませんね(笑)

店のこだわり

プリモの『ラビオリ』の中はリコッタチーズとほうれん草(6,8ユーロ)。『ニューディ』は大きなニョッキのようなもの(6,5ユーロ)。通常は一種類ずつのオーダーで、2種類盛る場合は8ユーロに プリモの『ラビオリ』の中はリコッタチーズとほうれん草(6,8ユーロ)。『ニューディ』は大きなニョッキのようなもの(6,5ユーロ)。通常は一種類ずつのオーダーで、2種類盛る場合は8ユーロに

店のこだわりはまずパンに始まります。中世期の製作法で作られたクラシックなパンは、ベーキングパウダーを使わずに自然発酵させたもの。それにハムやチーズなどスローフードの代表格を挟むのです。これがイタリアンサンドイッチのパニーノ。ハムはもちろん生ハム(サラート/ドルチェ)。サラミはフェンネルの種の入ったフィノッキオーナや胡椒の効いたトスカーナサラミに、密猟者のサラミ(ブラッコニエーラ)という名を持つスペシャルなサラミなどもあります。これらはパニーノにせずにそのままでもいただけます(「Tagliere(タリエーレ)」は5タイプのメニューあり)。チーズは羊乳から作る熟成ペコリーノや半熟成ペコリーノがあり、牛のチーズなどは日(週?)替わりです。

その他のメニュー

店内はテーブル、イス、ランプetc..50年代を意識。きどらずに美味しい食を堪能できる 店内はテーブル、イス、ランプetc..50年代を意識。きどらずに美味しい食を堪能できる

そのほか、ラザーニャやラビオリなどのプリモ(第一のお皿)も常時3〜5種、肉団子や野菜の肉詰めなどのセコンド(第二のお皿)も5〜6種類。ガラスケースの中を見て、「これ頂戴!」で大丈夫です。選んだあとで温めて出してくれます。またパンの上に具を載せたクロスティーニ系のもの(La fetta calda)やサラダもあり。ワインは赤が3種類、特大ワインボトルに入っているので、自分で栓を捻ってグラスに注ぎましょう。すべてトスカーナ産ということにもこだわる店は、あえて50年代を意識した内装。時間の許す範囲で、フィレンツェ最古の橋の眺めと食を味わってください! 
そうそう、店はセルフサービス。食事の後はトレーを棚にしまうのを忘れずに!

【関連情報】

店の入口。オーダー後に料金を払い、トレーは自分で運ぶこと 店の入口。オーダー後に料金を払い、トレーは自分で運ぶこと

■ IL RISTORO(イル・リストーロ)
住所:Borgo San Jacopo 48R, Firenze
電話:+39-055-2645569
営業時間:12:00〜22:00
定休日:無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索