page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

「アペリティーボ」するならココ!食前酒“+α”のことです


掲載日:2009/05/26 テーマ:お酒・バー 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい グルメ バー・パブ レストラン


「アペリティーボ」って何?

土曜のアペリティーボ料理。カウンターにずらっと並ぶ 土曜のアペリティーボ料理。カウンターにずらっと並ぶ

「アペリティーボ」ってご存知でしょうか? これは英語ではアペリティフ、食前酒のことです。本来は食欲増進の目的で夕食前に軽くいただくドリンクのことを言うのですが、数年前からそれに新しい意味が加わりました。今イタリアでは、アペリティーボのニュー・システムが大繁盛しているんです。
というのは、以前はレストランへ向かう前に、どこかのバールに立ち寄ってアペリティーボをしていたんですね。それが今では、レストランへ行かずともそのバールで夕食までできちゃうようになったのです。それは飲み物をオーダーすれば食事が付いてくる、というシステム。食事はブッフェ形式で、内容は店によって様々。日本の居酒屋のような店がないイタリアでしたから、我々日本人には特に嬉しいシステムですね!

シックな店内が幅広い年代層に受けている

「Sei Divino(セイ・ディヴィーノ)」外観。屋外テラスもあり 「Sei Divino(セイ・ディヴィーノ)」外観。屋外テラスもあり

このサービスを行う店が急増する昨今ですが、その中から場所・雰囲気・料金をトータルに考慮してお勧めするのは、共和国広場から徒歩約5分の「Sei di Vino(セイ・ディ・ヴィーノ)」。アーチ状のレンガ張りの天井が時代を感じさせ、そこから吊るされた淡黄色の淡い灯りは癒しのモード。アペリティーボを行っている店の中には、まるでクラブのように音楽ガンガンの店(話をするのに大声を張り上げないとならないところ)もわりと多いのですが、この「Sei di Vino(セイ・ディ・ヴィーノ)」は、シックで落ち着いた雰囲気が幅広い年齢層に受けています。それも、ベビーカーに乗った赤ちゃん(!)から、年配の方まで来店するんです。

内容は!?

店内は奥に長く3つのホールがある 店内は奥に長く3つのホールがある

そのアペリティーボは、年中無休で午後7時から。料金は、ワイン、ビール、カクテルなど、何を飲んでも一律8ユーロ。ワインは赤・白各10種類ずつ用意。カクテルのメニューは約40種。アルコールが苦手な方はノンアルコールでもOKです。
料理はカナッペやハム、チーズなどの前菜類から、パスタ類、クスクス、オムレツetc..と日替わりです。大皿が空になると料理は次々に運ばれてきますが、週末の土・日は平日の倍の料理が並ぶので、よりこちらがお勧めです!

ナント、1日16時間営業

まずは前菜類から。8時頃からパスタも登場 まずは前菜類から。8時頃からパスタも登場

……と、ここまでアペリティーボのことばかり書いてきましたが、この店、実は朝10時から深夜2時までの通し営業。遅めの朝食から昼食、アフタヌーンティ、そして夕刻のアペリティーボに夜のバーと何時でもウェルカム。
あんまり居心地いいんで、ついつい時間を忘れて長居してしまうんですよね……

【関連情報】

入口のカウンターバー 入口のカウンターバー

■ Sei di Vino(セイ・ディ・ヴィーノ)
住所:Via Borgo Ognissanti 42r, Firenze
電話:+39-055-217791
営業時間:10:00am〜2:00am
アペリティーノボアワー:7:00pm〜9:00pm頃まで
定休日:なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索