page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ちょっと気取って、ゴージャスなレストランでのもてなしを愉しもう!


入口ですでに夢うつつ・・・

『ロッスィーニ』の大ホール。テーブル上のバラを浮かべたグラスも超シック 『ロッスィーニ』の大ホール。テーブル上のバラを浮かべたグラスも超シック

超ゴージャスなレストランで、メモリアル・ディナー(or ランチ)はいかが? きっと旅のとわの思い出になることでしょう! 散策時のカジュアルウェアからガラッと装いを変えて、目指すは『ROSSINI(ロッスィーニ)』。レストランはアルノ川沿いのパレスの1階。通りから奥を覗くなり“うわっ”と口が開いたままになってしまう、超〜豪華なエントランス。屋内ももちろん超デラックスなクラシック&エレガント。ゴージャスムードに染まってのお食事に、気分も最高潮です☆

皿の上に載るアート

ゆったりとテーブルが並び、食事もゆったりと心地よくすすむ ゆったりとテーブルが並び、食事もゆったりと心地よくすすむ

イタリア料理というと、気取りのない庶民的で家庭的な料理を想像しがち。でも、ここでサービスされる料理はヌーベル・クィジーヌ風。視覚的な美しさが大変評価される我々の日本料理に負けず劣らず(笑)、この店の料理も皿に盛られたその姿はアートそのもの! それはもう前菜からデザートに至るまで、美しぃ〜!! お味については言うまでもありません。ドイツやフランス、そしてイタリアの高級ホテルで修業した若手シェフの手にかかったミラクル料理に、両頬がポタポタッ〜と落ちるでしょう☆

安心のセットメニューあり

バーコーナーでは食事の後にドリンクタイムも可能。客がときおりグランドピアノを演奏したり・・・ バーコーナーでは食事の後にドリンクタイムも可能。客がときおりグランドピアノを演奏したり・・・

お値段はこの内観から想像するとおりそれ相応。でも旅中にいちど奮発するのもいいですよね! アラカルトから選ぶ場合には、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェ(デザート)から必ず1品ずつ選ぶ必要はありません。お腹の具合(+懐具合?)に応じて2品くらいでも大丈夫ですヨ。でなければ、テイスティング・メニューとして、あらかじめセットされたコース料理もあります。こちらは前菜前の口汚しに始まり、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェのフルコースで75ユーロ(食事のみ/飲み物は別料金)。さらにもっと少なめでもよいという方には、料理1〜2品にデザート付きで45ユーロのコースもあります。メニューは4カ月ごとにチェンジ。旬の食材を使った料理です。

地下のワイン蔵も必見

地下のワイン蔵。ほこりをかぶった数十年前の古いものも 地下のワイン蔵。ほこりをかぶった数十年前の古いものも

ホールの内装もどびっきりキマッてますが、さらに地下のワイン蔵も超シックなんです。店の方にお願いすれば案内してもらえますから、是非ご覧になってください! 1000種類以上、瓶にして1万本以上のアルコールを貯蔵しており、その大部分はワインで、約80%がイタリア産。他はフランス、北米、南米、オーストラリア、ニュージーランド、そして我々にはおそらく珍しい南アフリカやイスラエル産などもあります。ワインのお値段はご存じの通りピンキリですが、最もリーズナブルなものでは25〜30ユーロから揃っています。
ついつい“超”を連発してしまいましたが、それが過言ではないとっても素敵なレストラン。旅の記念に是非どうぞ!!

エントランスのパサージュ。赤い絨毯に迎えられる エントランスのパサージュ。赤い絨毯に迎えられる

■ROSSINI(ロッスィーニ)
住所:Lungarno Corsini 4, Firenze
電話:(+39)055-2399224
URL:www.ristoranterossini.it
営業時間:12:30〜14:30/19:30〜22:30
定休日:水曜

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/04/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索