page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

こんなに美味しい“カントゥッチ”、今まで食べたことない!


掲載日:2010/12/20 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい お土産 スイーツ 甘い


トスカーナ州の伝統菓子

カントゥッチは全種類1kg=20ユーロ カントゥッチは全種類1kg=20ユーロ

カントゥッチ、カントゥッチーニ、そしてビスコッティ・ディ・プラート。どれか聞いたことありますか? といっても、これらは実は同じもの。トスカーナ州の郷土菓子です。おそらく中世のメディチ家の方々も食していただろうと言われる伝統のお菓子。ティラミス、パンナコッタなどの生菓子系ではなくて、日持ちのする干菓子。固焼きクッキーといった感じですね。その専門店「il Cantuccio di San Lorenzo(イル・カントゥッチョ・ディ・サン・ロレンツォ)」が、この6月にフィレンツェにオープンしたのですが、それはもう大変驚いてしまいました!

嫌いから大好きに

焼き上がり。白ザラメを降りかけたら、熱いうちに切り分ける 焼き上がり。白ザラメを降りかけたら、熱いうちに切り分ける

その驚きというのはつまり、私これまでこのお菓子を美味しいと思って食べたことがなかったのです。理由は、とっても固い、粉っぽい、シナモン入りが多いetc…。舌の上を転ばない味というか、深みのない味、つまりまるで味蕾を刺激されたことがなかったわけです。それが、この店のカントゥッチを味見したとたん、一瞬にしてほっぺたが落ちてしまったのでした! 上に書いた、嫌いな理由は一掃されて、それどころかいくら食べても飽きがこず、止められない止まらない状態に陥ってしまったのです

美味しさのわけとは?

カントゥッチ1kg購入の場合、甘口ワインのヴィンサントをサービス。浸して食べる。写真は500g入り カントゥッチ1kg購入の場合、甘口ワインのヴィンサントをサービス。浸して食べる。写真は500g入り

それもそのはず!? この店は新規開店とは言っても、35年前の人気の味を復元したもの。つまり、現オーナーが父親から引き継いだ味・技術を娘に渡したいとの思いで、一度下ろしていた看板を再度上げたというわけ。そんじょそこらの味ではなかったわけですね。
カントゥッチは4種類あり、伝統のオーソドックスなアーモンド入りの他に、チョコレート&オレンジの皮入り、ドライいちじく&くるみ入りに、最近新たにお目見えしたチョコレート味のオリジナル3種。すべて甲乙付けられない美味しさ♪なのです。バターが入っていないのに、なぜこんなに柔らかくてマイルドなのか、そしてなぜこんなに香り豊かなのか・・・それは、膨張剤に秘密があり、また卵や蜂蜜、アーモンドなどのリッチなブレンド具合に店の伝統があるわけなんですね。

お土産にも最適

「La Mantovana(ラ・マントヴァーナ)」は朝食にもGOOD 「La Mantovana(ラ・マントヴァーナ)」は朝食にもGOOD

店にはそのほか、タルト類も約10種、メレンゲ4種も用意。その中で特に私のお薦めは「La Mantovana(ラ・マントヴァーナ)」(1kg=12ユーロ)。アーモンドと松の実を混ぜ込んだ超シンプルなタルトなんですけれど、これがまたとびきり美味しい♪ 後を引く感覚にひさびさに参りましたネ。
大発見といっても過言ではないこのお店。カントゥッチはひと月くらいは大丈夫という保存ドルチェ(!?)なので、自他ともへのお土産にもバッチリですよ!

【関連情報】

店の外観 店の外観

■il Cantuccio di San Lorenzo(イル・カントゥッチョ・ディ・サン・ロレンツォ)
住所:Via Sant'Antonino 23r, Firenze
電話:(+39) 055-290034
営業時間:月〜土9:00〜19:30/日9:00〜13:00、15:00〜19:30
定休日:なし
その他:毎週火木曜のAM10:00からカントゥッチの調理実演あり

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/12/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索