page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

食欲も大満足なら気分も最高潮に! 教えたくないほど素敵なトラットリア


掲載日:2011/10/11 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい グルメ レストラン 一度は見たい


毎日でも行きたい!

店内の一部。白を基調としたシンプルでカジュアル・シックな内装 店内の一部。白を基調としたシンプルでカジュアル・シックな内装

“食欲”は、○欲と付くものの中でもっともきれい(純粋)な欲だと言います。お腹がいっぱいになると、それ以上欲しませんからね。そう、だからそこ満足したい食欲♪ そしてそのためには雰囲気もとても大切! ご紹介するトラットリアは、誰を誘っても例外なく喜んでくれる、毎日でも行きたくなる、そんな店「Bistrò del Mare(ビストロ・デル・マーレ)」です。とってもシックな内装、オシャレに装った料理。しかしお値段はお手頃! さらに、内陸のフィレンツェには珍しく毎日シーフードも味わえるという、あらゆる面で著者いちおしの店です。

料理も内装もカジュアル・シック

ランチメニューの、前菜の「Panzanella(パンツァネッラ)」。夏だけのフィレンツェ郷土料理がこんなに素敵に。 ランチメニューの、前菜の「Panzanella(パンツァネッラ)」。夏だけのフィレンツェ郷土料理がこんなに素敵に。

この世界的な観光都市フィレンツェ、食の都フィレンツェの豊富な食事処の中でも、この店のようにゆったり楽〜に食事できるところはまれ。実はこの店、昨年の4月23日にご紹介した超豪華レストランが生まれ変わったものなんです。そういうわけで広いフロアにゆったりとテーブルを配置できてるというわけ。内装も料理もフォーマルからポピュラーに変わりました。カジュアル・シックって感じですね。とはいっても、以前と同じシェフが腕を振るっているので味はもちろんデリシャス!です。

ユースフルなランチメニュー

ランチメニューの、プリモの「Puttanesca(プッタネスカ)」はトマトとオリーブとケッパーのソース。メニュー上には「Buonadonna(ブゥォナドンナ)/すばらしい女性の意」と記載。 ランチメニューの、プリモの「Puttanesca(プッタネスカ)」はトマトとオリーブとケッパーのソース。メニュー上には「Buonadonna(ブゥォナドンナ)/すばらしい女性の意」と記載。

ランチもディナーも、アラカルト・メニューは同じですが、ランチだけ毎日日替わりメニューあり。前菜+プリモ(第一のお皿/主にパスタ類)かまたは、ドンッと魚料理の一皿で、ナント9.90ユーロ(席料ナシ)! この前菜とプリモはいずれも2種類の中から選択できるというのも嬉しい♪ だから毎日通いたい、常連客が多いのもうなずけるでしょう!? このユースフルなランチが、右の写真のようなんですから食欲そそりますよね!  [注:アラカルトの場合には席料2ユーロ(1人)]

アラカルトのおすすめシーフード

アラカルトの4種類の前菜。手前がメカジキのマリネ、奥はイカのサラダ野菜添え。 アラカルトの4種類の前菜。手前がメカジキのマリネ、奥はイカのサラダ野菜添え。

次にアラカルトのシーフードメニューからの筆者おすすめは、まず4種類の海の幸の前菜(Antipasti Misti/1人14ユーロ)。内容はカタクチイワシのフライ、メカジキのマリネ、イカのサラダ野菜添え、ムール貝のソテーと4皿別々に運ばれてきます。美味しいしテーブルも豪華! ステンレスのパンに入って出てくる魚介類のスパゲッティ(Spaghetti allo scoglio)も、ほっぺたの落ちること必至。またこちらのシェフはパティシェでもあり、食事の〆のドルチェも毎日5種類用意、食事の際のパンもお手製なんです。
最後に、アーケードのエントランスが超豪華で気遅れしてしまいそうですが、心配ご無用です。

【関連情報】

厨房スタッフ。中央がシェフのAssunto(アッスント)さん。 厨房スタッフ。中央がシェフのAssunto(アッスント)さん。

■Bistrò del Mare(ビストロ・デル・マーレ)
住所:Via Lungarno Corsini 4r, Firenze
電話:(+39)055-2399224
URL:www.bistrodelmare.it
営業時間:12:30〜14:30/19:30〜22:30
定休日:月曜

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/10/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索