page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

驚くほど安い!月に一回のみ開催の「チョンピ蚤の市」は見逃せない!


掲載日:2014/07/23 テーマ:ショッピング 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: お土産 市場 洋服


歴史だけではない、ショッピングも楽しいフィレンツェ

銀食器やカトラリーが豊富な市場です。ティーカップなども可愛いものが500円くらいで見つかりますよ。好きな人にとっては宝の山に違いないでしょう。 銀食器やカトラリーが豊富な市場です。ティーカップなども可愛いものが500円くらいで見つかりますよ。好きな人にとっては宝の山に違いないでしょう。

歴史あるフィレンツェの町は見どころにあふれています。色鮮やかな大理石を使った花の大聖堂にはじまり、メディチ家の象徴とも言えるヴェッキオ宮殿とシニョーリア広場、きらびやかな宝石店が立ち並ぶヴェッキオ橋、白いファザードが美しいサンタ・クローチェ教会、優雅なピッティ宮殿とボーボリ庭園など、数え上げたらきりがありません。歴史を尋ねる旅も楽しいですが、フィレンツェではショッピングも魅力的なんです。今回はショッピングの中でも楽しくて安い「蚤の市」を紹介します。ワクワクしますよ!

月に一回だけ開催するチョンピの蚤の市

絵画、花瓶、アンティーク家具、洋服などなど、様々な物が売られています。買う目的はなくても、並んでいる商品を眺めているだけでイタリア家庭の生活が覗き見られて楽しいですよ。 絵画、花瓶、アンティーク家具、洋服などなど、様々な物が売られています。買う目的はなくても、並んでいる商品を眺めているだけでイタリア家庭の生活が覗き見られて楽しいですよ。

フィレンツェでショッピングと言ったら、やはり中央市場が大人気です。地元の人も通う大規模な市場は生鮮食品以外にも、旅のお土産に便利なチーズや乾物などが手軽に購入できます。ほとんどのお店が真空パックにしてくれるので日本への長期持ち帰りも安心です。でも旅行者にあまり知られていないフィレンツェの楽しいショッピングがもう一つあります。それが「チョンピの蚤の市」です。7月を除く毎月最終日曜日に開催される蚤の市は、骨董品だけでなく様々な商品や掘り出し物がトスカーナ中から集まります。

チョンピの市場の楽しみ方

アンティークな子どものおもちゃも売っていました。ヨーロッパらしくて可愛いです。使い道分からなくてもちょっと欲しくなりました。 アンティークな子どものおもちゃも売っていました。ヨーロッパらしくて可愛いです。使い道分からなくてもちょっと欲しくなりました。

蚤の市が開催されるチョンピの広場はサンタ・クローチェ地区にあります。普段はレストランやアンティークショップが集まるこの地区に、月に一回だけたくさんの屋台が道路に立ち並ぶのです。そして面白いもの、掘り出し物を見つけにフィレンツェ近郊の人たちが集まってきます。例えば銀食器や銀のカトラリーは日本では高級アンティークショップに並ぶような品が無造作に山積みになっていたり、古着や年代物のバッグなども想像外の安値が付いていたりと、じっくり探すと驚きの品が見つかりますよ。

蚤の市では一期一会を大切に

蚤の市には見物人がたくさん集まります。ランチタイムになるとお店の人も休憩してしまうので、できれば午前中に巡りましょう。 蚤の市には見物人がたくさん集まります。ランチタイムになるとお店の人も休憩してしまうので、できれば午前中に巡りましょう。

他にもインテリア雑貨、絵画、絵葉書なども充実しているので、日本でレストランや雑貨店を経営している人にとってはまるで宝島、お店を彩る小物探しに最適です。ひとつアドバイスとしては、一点ものの品も多いのでコレという品が見つかったらすぐに購入しましょう。「あとで」なんて悠長にしていたら、他の人に買われてしまうかも・・・。月の最終日曜日にフィレンツェに行く機会があったら、ぜひチョンピ広場に足を伸ばして、地元に愛される蚤の市を覗いてみてください。美術館では味わえない発見とワクワク感を体験できますよ。

関連情報

■関連情報
名称:チョンピ広場の蚤の市(Mercato delle Pulci)
住所:Piazza dei Ciompi - Firenze
行き方:サンタ・クローチェ教会から北に徒歩4分。チョンピ広場(Piazza dei Ciompi)とその周辺に市場がたちます

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/07/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索