page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フィレンツェの「ダ・ジョルジョ」は伝統料理が食べられる激安レストラン


掲載日:2015/06/27 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: グルメ レストラン 素晴らしい 肉料理 麺類


フィレンツェ中心にある格安レストラン「ダ・ジョルジョ」

店内は雰囲気も良く、ゆっくりと食事を楽しめます。激安食堂と見くびってはいけません。 店内は雰囲気も良く、ゆっくりと食事を楽しめます。激安食堂と見くびってはいけません。

10年前のイタリアは物価も安くて、日本人旅行者にとってショッピング天国でしたが、その後物価は徐々に上がり、今では日本とあまり変わりないほどになってしまいました。そして外食産業も例外ではなく、美食の国イタリアで安くて美味しいレストランを見つけるのはとても難しくなりました。今回はフィレンツェの中心地にある安くて十分に美味しいレストラン「ダ・ジョルジョ」を紹介します。トスカーナ料理が一通り揃ってワインまで付いたメニューはとても魅力的です。気軽に楽しめますね。

ランチは14ユーロでお腹いっぱいです

「黒トリュフとキノコの手打ちパスタ」、黒トリュフは少ししか入ってませんが、この値段で食べられるのは素晴らしいコストパフォーマンスだと思います 「黒トリュフとキノコの手打ちパスタ」、黒トリュフは少ししか入ってませんが、この値段で食べられるのは素晴らしいコストパフォーマンスだと思います

フィレンツェ国鉄駅からほど近いパラッツォーロ通りは、家具修復や革の工房が集まるフィレンツェの下町です。昔から安い食堂が集まる地区としても知られていて、地元の人たちもたくさんランチに訪れる地区です。いくつかある格安レストランの1店として有名なのが今回紹介する「トラットリア・ダ・ジョルジョ」。食事は料金固定で、ランチは14ユーロ、ディナーは15ユーロ。セットのメニュー内容 は、パスタ、メイン料理、付け合せ野菜、パン、水、ワイン。これすべて込みで上記の値段です。驚く安さです。

安いだけでない、魅力的なメニュー

写真は2人分で、左上からフライドポテト、牛肉のタリアータ、トリッパのフライ、緑野菜の炒めもの。この料理のほかパスタ料理が2皿、ワインと水で全てです。ボリューム満点です。 写真は2人分で、左上からフライドポテト、牛肉のタリアータ、トリッパのフライ、緑野菜の炒めもの。この料理のほかパスタ料理が2皿、ワインと水で全てです。ボリューム満点です。

ダ・ジョルジョの魅力はその安さだけではありません。複数のトスカーナ伝統料理が揃っていて、好きな料理を選んで組み合わせることができます。例えばパスタ料理には高級食材を使った「黒トリュフとキノコの手打ちパスタ」や、軽く食事したい方に最適の「生ハムメロン」もあります。メイン料理も「牛肉のタリアータ」はイタリアでは欠かせない定番メニューですし、地元の人に人気の「トマト煮込みの牛肉のオッソブーコ」はボリュームも満点です。他にもたくさんのメニューがあるので、複数人で行けばトスカーナ料理を一通り楽しめますよ。

「ダ・ジョルジョ」はグルメの町の貴重なお店です

牛肉のタリアータ、ルッコラとパルミジャーノチーズ添え、見た目は少し貧弱ですがボリュームも十分で、オリーブオイルと塩コショウをかけるとさらに美味しくなりました 牛肉のタリアータ、ルッコラとパルミジャーノチーズ添え、見た目は少し貧弱ですがボリュームも十分で、オリーブオイルと塩コショウをかけるとさらに美味しくなりました

フィレンツェは食の宝庫として有名なグルメ都市。美味しい料理を食べたい方はぜひ本格的なレストランに行きましょう。一方、学生旅行や手軽に食事したいときなどは、この「ダ・ジョルジョ」などの格安食堂は助かります。安いとは言ってもサービスはきちんとしていますし、席間が広いのできちんとくつろいで食事が楽しめるので安心してください。メニューは英語もあり、ペットボトルの水を未開封でくれるので持って帰れます。3つの料理にワインが付いてこの値段は本当に頭が下がります。

店舗情報

■店舗情報
店名:Trattoria da Giorgio(トラットリア・ダ・ジョルジョ)
住所:Via Palazzuolo, 100R, 50123 Firenze
営業時間:12:00 - 14:30、 18:00 - 22:00
休業日:日曜日
電話:055 284302
行き方:サンタマリア・ノヴェッラ駅から徒歩5分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/06/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索