本場のB級グルメを食べ比べ

イタリア料理ファンの多い日本。日本でも、美味しいイタリアンレストランがありますよね。本場顔負けの美味しさで、その味は侮れません。それでも現地のような、食べ歩きできるB級グルメは少ないです。現地の気軽に食べられるB級グルメを紹介しようと思います。ところで、イタリアのB級グルメといったら、ピザだけではありませんよ。一回の食事にもなるほどボリュームがあるものや、サイズを選べばおやつ代わりにもなります。さあ、どれが一番好みですか。

イタリアの街角B級グルメは、これが美味しい イタリアの街角B級グルメは、これが美味しい

最高のおやつになるB級グルメ

お気に入りのB級グルメは、「アランチーニ」。味付けご飯に衣を付けて揚げたライスコロッケのことです。発祥は南イタリアで、町の至る所で揚げたてのアランチーニを販売しているお店があります。地域によって形や中身に違いがあり、ローマでは「スプリ」と名前まで異なります。初めて食べたのはローマのものは、中のモッツァレラチーズが熱さで溶けて、とても美味しかったです。ピッツェリアで前菜としても頼めますが、街角でちょっと買い食いできるのがちょうどいいですね。お米を使っているのは、小腹の空いたときの最高のおやつにもなりましたよ。

サンドウィッチには、何の具を挟みますか

イタリアのサンドウィッチといえば「パニーノ」。野菜や生ハムなどの具材をパンに挟んだもので、イタリア中の街角で屋台や店を見かけます。具を挟んでからトーストされたパニーノが好きですが、現地では意外にトーストしないものが主流でした。注文時に確認しましょう。お店へ行くと、中の具の候補がいっぱいんで迷ってしまいます。マヨネーズやケチャップなどのソースは使わず、自然の素材だけで味が決まるので、コンビネーションは大事。ドライトマトとモッツァレラチーズの組み合わせは、病み付きになる美味しさでした。是非お試しください。

これぞ最高のB級グルメ!!

私がイタリア滞在中に「これが最高!」と思ったB級グルメは「ランプレドット」。フィレンツェに行くと言った際に、友人に薦められたB級グルメで、モツを煮込んだ料理。もちろんレストランでも食べられますが、名物のトスカーナ地方では、これを街角の屋台で販売していると聞いて、早速行ってみました。フィレンツェの街角でも、地元の人たちがランチに食べに来たり、テイクアウトに買いに来ていました。ランプレドットをパンに挟むスタイルと、別皿で頼む人もいます。ハウスワインと一緒に食べれば、これだけで立派なランチになりましたよ。