page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ジェノバ・サッカー観戦の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

かつてカズと柳沢敦がプレーしたジェノバ。エキゾチックな町でサッカーを堪能


掲載日:2007/12/17 テーマ:サッカー観戦 行き先: イタリア / ジェノバ

タグ: サッカー スタジアム ビーチ 美しい


トリノ、ミラノから列車で2時間。日帰りもOK

イタリアン・リヴィエラとして名高いジェノバのビーチ イタリアン・リヴィエラとして名高いジェノバのビーチ

前回は冷たいアルプスの風が吹きつけるトリノを紹介した。次は「イタリアン・リヴィエラ」と呼ばれる美しい海岸の町・ジェノバへ移動したい。人口90万を擁するイタリア屈指の港町はリグリア州の州都。古代ローマ帝国の頃から港湾都市としての基礎が築かれ、十字軍の遠征の時代には海洋都市として名を馳せた。今もアフリカやアジアなど世界各国の人々が行き交い、町中はエキゾチックな雰囲気でいっぱいだ。そんなジェノバには、トリノとミラノからそれぞれ列車で約2時間で移動できる。ピアッツァ・プリンチペとブリニョーレという2つの大きな鉄道駅があるが、トリノやミラノからの玄関口はプリンチペの方。それは覚えておきたい。

ジェノバでカズと柳沢の足跡をたどる

スタディオ・ルイジフェラーリスの外観 スタディオ・ルイジフェラーリスの外観

サッカーという視点でジェノバを見た時、我々日本人には馴染み深いものがある。というのも、94-95シーズンにはカズこと三浦知良(現横浜FC)がセリエAのジェノアでプレー。2003-04シーズンには柳沢敦(現鹿島)がサンプドリアで海外挑戦を果たしたからだ。カズは開幕のACミラン戦で鼻骨を骨折し、柳沢は同じく開幕のレッジーナ戦で決定的シュートをクロスバーに当てるなど、2人ともスタートで失敗した。結果として成功を収めたとも言えないが、彼らの足跡は今も美しい港町に残っているに違いない。
ジェノバでのサッカー観戦について書く前に、まずはジェノアとサンプドリアの歴史を簡単に説明しておく必要があるだろう。

イタリアで最初にサッカーが伝えられた町。ジェノアとサンプドリアは今季セリエAで戦う

サッカー専用で非常に見やすい。ピッチコンディションもイタリアのスタジアムにしては良好だ サッカー専用で非常に見やすい。ピッチコンディションもイタリアのスタジアムにしては良好だ

ジェノバはイングランド将校によってサッカーが伝えられた町。ジェノアの発足も1893年。この国で最も古いクラブなのだ。1900年代初頭のイタリアサッカーはまさにジェノアの時代。ACミランやユベントスも彼らには勝てなかった。ジェノアのスクデット獲得回数はユーべ、ミラン、インテルに次ぐ9回。だが近年はチーム力低下が著しく、セリエB〜C1をウロウロしていた。が、ようやく今季、セリエA復帰を果たした。元イタリア代表FWディバイオらの活躍で、現時点では14位。降格ゾーンは逃れている。
一方のサンプドリアは1946年発足の新しいクラブ。サンピアルダルネーゼ(Sampiardarnese)とアンドレアドリア(Andreadoria)という2つの地元クラブが統合したのが始まりだ。ユニフォームも古い時代の伝統を生かしている。中央に走る赤と黒のラインはサンピアルダルネーゼ、地の色である青と白はアンドレアドリアのチームカラー。そして中央のロゴマークは、ジェノバの守護聖人である「サン・ジョルジュ(St.George)」を表しているという。今季は中村俊輔(セルティック)がレッジーナで最後のシーズンを戦った時の知将であるマッツァーリ監督が就任。元イタリア代表FWカッサーノらの活躍もあって、12月初旬の時点で7位という好位置につけている。

ルイジ・フェラーリスはブリニョーレ駅から徒歩15分。見やすさも抜群!

ルイジフェラーリスへの玄関口になるブリニョーレ駅 ルイジフェラーリスへの玄関口になるブリニョーレ駅

両チームのホームは4万人収容の「スタディオ・ルイジ・フェラーリス(Stadio Luige Feraris)」。ブリニョーレ駅から歩いて15分程度と利便性は悪くない。赤レンガに取り囲まれた四角い外観が印象的で、歴史の重みを感じさせる建物だ。セリエAの本拠地は陸上競技場兼用であることが多いが、ここはサッカー専用。スタンドからピッチが近く、非常に見やすい。
ジェノバ・ダービーの時にはスタンドが完全に2分される。南側のゴール裏「グラディアータ・スドゥ(Gradiata Sud)」にサンプドリア、北側のゴール裏「グラディアータ・ノルド(Gradiata nord)」がジェノアのサポーターが陣取り、スタジアム全体が美しく彩られるという。両者のライバル意識も凄まじく、まさに「戦争状態」になるという。今季2度目のダービーは2月17日の第23節。翌週の2月19〜20日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦と組み合わせて観戦計画を立てるのも一案ではないだろうか。

前売券は各チームショップで。ついでに名所や美しい港の景観を楽しむ!

ミラノやトリノへの玄関口となるピアッツァ・プリンチペ駅 ミラノやトリノへの玄関口となるピアッツァ・プリンチペ駅

ダービーとなると、チケット入手も多少は難しくなるかもしれない。サンプドリアのホームゲームならば通常、「サンプドリア・ポイント(Sanpdoria point)」まで出向けば前売券を買える。ここはブリニョーレ駅から見て、スタジアムと反対方向にある。駅からは徒歩5分程度。道行く人に「サンプドリア・ポイントはどこですか(Dov'e Sanpdoria point?)」と聞けば、簡単に行き方が分かるだろう。ジェノアポイントには行ったことがないが、同じく駅やインフォメーションで聞けば教えてもらえるはずだ。
サンプドリアポイントのあるあたりはジェノバ屈指の繁華街。ピアッツァ・サン・マッテオ(Piazza San Matteo)、カサ・ディ・コロンボ(Casa di Coronbus)などの名所旧跡を眺め、港の美しい景観を満喫できるのも、ジェノバサッカー旅行の醍醐味である。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索