page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

イタリアグルメガイド

イタリアのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

イタリアといえば「スローフード」運動の発祥地。伝統の料理を特に大切にしている国としても有名だ。オリーブオイルにトマトというイタリア料理のイメージも、実は南イタリア料理のひとつ。このように地方ごとに素材の持ち味を活かした様々な料理が存在する。食事をする場所も、いわゆるレストランのリストランテ、よりカジュアルなトラットリア、ピッツアの専門店ピッツェリア、大衆食堂のターヴォラ・カルダと実に多種多彩。グルメなら食事も最大の楽しみになるだろう。(2015年編集部調べ)


イタリアの食事のマナー

イタリア独自のマナーや習慣は特になく、食事の場でのマナーは近隣のヨーロッパ諸国と同じと考えてよい。基本的なことだが、店では挨拶を忘れずに。ドアの出入りやテーブルに付くときはレディファーストで、スープや飲み物は音をたてずに飲むこと。ワインは基本的に店のテーブル係が注ぐ。気楽な店や係が不在の場合は同性同士は構わないが、女性が男性に注ぐことはマナーに反する。タバコについてはイタリア全土のレストランで禁煙が浸透しつつある。つい習慣で火をつけないように気を付けよう。


現地ガイド発!イタリアのグルメ・料理最新情報

2018/05/09 グルメ

町の中心からちょっと外れて、地元民の愛するトスカーナ料理をいかが?

イタリア旅行イメージ-「Ravioli all'uccelletto」 (10ユーロ)は白いんげん豆のトマトソース煮込みを包んだラヴィオリ 「Ravioli all'uccelletto」 (10ユーロ)は白いんげん豆のトマトソース煮込みを包んだラヴィオリ

旅をするとき、自分だって旅行者なのに、できるだけ旅行者のいないレストランに入りたいって思ったりしません? それも現地の人で賑わっているお店。その中に身を置いて雰囲気を味わいたくもあり、何はともあれ地元の人の愛する料理とあれば三ツ星ですからね。とはいえ世界一の芸術の都であり食の都でもあるフィレンツェは、一年を通して観光客の数がスゴ〜くて、街中のレストランはどこも観光客でい〜っぱい。だから街中で見つけるのはかなりキビシイんです。続きを見る



イタリアのグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるイタリアの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
イタリアのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!