世界遺産「フィレンツェの歴史地区(フィレンツェの歴史地区)」の詳細情報

イタリアの世界遺産・名所ガイド

Historic Centre of Florence

フィレンツェの歴史地区

名称:フィレンツェの歴史地区(イタリア
英語名称:Historic Centre of Florence
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1982年

ルネサンスを花開かせた商業都市

“花の都”と呼ばれるフィレンツェ。イタリア中部のアルノ河畔にあるこの街が最も輝いたのは14世期末から17世紀にかけて花開いたルネサンスの頃。「再生」を意味するルネサンスは、コジモ・デ・メディチで有名なメディチ家の庇護のもと、華やかで自由な芸術作品を生み出した。巨大なクーポラが街のシンボルでもあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、高くそびえるジォットの鐘楼も彼の時代のもの。またその孫ロレンツォ・デ・メディチは、画家ボッティチェリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロらを支援した。現在も街はさながら“屋根のない美術館”。メディチ家が収集した美術品を展示するウフィッツィ美術館も、混雑するが外せないスポットだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イタリアの世界遺産最新情報

2016/09/28 世界遺産

イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう!

イタリア旅行イメージ-イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう! イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう!

イタリアのナポリ以南の世界遺産「アマルフィ海岸」をご存知でしょうか? これはソレントから半島をぐるりと回りつつ、ポジターノ、ラヴェッロ、アマルフィ、サレルノへと続く約30キロの海岸線です。深く入り組んだ入り江もあって、断崖絶壁にへばりつくような小さな町が続いており、イタリア一の奇観と言われています。まずはその起点となるソレントからご紹介しましょう。ナポリ民謡(カンツォーネ)の「帰れソレントへ」はあまりに有名です。これは1902年、時のイタリア首相がソレントを訪れた時、国からの経済的支援要請の目的で、市長が作らせた歌なのです。今で言うご当地ソングだったのです。それを1961年にエルヴィス・プレス…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアの世界遺産「フィレンツェの歴史地区」についてご紹介します。フィレンツェの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。