世界遺産「バルーミニのヌラーゲ・ス・ヌラクシ(バルミニ)」の詳細情報

イタリアの世界遺産・名所ガイド

Su Nuraxi di Barumini

バルーミニのヌラーゲ・ス・ヌラクシ

名称:バルーミニのヌラーゲ・ス・ヌラクシ(イタリア
英語名称:Su Nuraxi di Barumini
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1997年

先史時代に石を積み上げ要塞化した家屋群

イタリア半島の西、サルディーニャ島のバルーミニ村にあるヌラーゲ・ス・ヌラクシは、石を積み上げて築いた防御施設だ。「ヌラーゲ」とは、紀元前16世紀ごろから建造された要塞のこと。円筒や先端を切った円錐状という特異な外観をしている。バルーミニ村のヌラーゲ・ス・ヌクラシは、最大級のもので高さ18.5m、直径11mの大きさ。防壁、武器庫、井戸、中庭なども備えている。この島ではヌラーゲを中心に石の建造物が築かれ、独特の巨石文明を形成。しかし他の民族が大陸の建築技術をもたらし、やがて終焉を迎えた。カルタゴやローマの支配を受けたものの、サルディーニャ島には現在7000ものヌラーゲが貴重な遺産として残っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イタリアの世界遺産最新情報

2017/11/23 世界遺産

圧巻の世界遺産、ローマの古代遺跡は時間をかけて堪能しよう(後編)

イタリア旅行イメージ-パラティーノの丘から見たフォロ・ロマーノ パラティーノの丘から見たフォロ・ロマーノ

前編に続いてローマの古代遺跡群をご紹介します。コロッセオに次いで人気と言えるのが、そのすぐ隣にあるフォロ・ロマーノです。フォロ・ロマーノとは「ローマ人の広場」という意味で、この敷地内には神殿や凱旋門、バジリカなどのいくつもの遺跡が眠っています。ただし大半の遺跡はほとんど原形を留めていないので、たんにぶらぶら歩いているだけだと何が何だかわからなくなる可能性大です。また敷地が広大なので、無計画に歩いていると時間と体力をどんどん消耗していきます。できれば事前に見ておきたいポイントの目星をある程度つけておき、当日の観光に臨むのがおすすめです。また日陰がほとんどない中で1時間〜2時間ほど歩くことになるの…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアの世界遺産「バルーミニのヌラーゲ・ス・ヌラクシ」についてご紹介します。バルーミニのヌラーゲ・ス・ヌラクシの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。