世界遺産「チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院(チレント・ディアノ渓谷)」の詳細情報

イタリアの世界遺産・名所ガイド

Cilento and Vallo di Diano National Park with the Archeological sites of Paestum and Velia and the Certosa di Padula

チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院

名称:チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院(イタリア
英語名称:Cilento and Vallo di Diano National Park with the Archeological sites of Paestum and Velia and the Certosa di Padula
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1998年

ギリシャ植民都市遺跡とバロック様式の大修道院

イタリアの西岸、ナポリの南東約120kmにある海岸線は、断崖や岩礁が点在する景観が素晴らしい。また周辺の渓谷は美しく、一帯は広大なチレント・ディアノ渓谷国立公園に指定されている。この自然の風景の中にあるのが、ふたつの古代遺跡と中世の修道院。ここは、自然風景と考古遺跡が一体となった文化的景観が特徴的な、世界遺産なのだ。遺跡のひとつは紀元前7世紀に建設されたギリシャの植民都市パエストゥムのもの。3つの神殿、城壁、公衆浴場跡などが残されている。もう一方は紀元前6世紀にギリシャ人が建設した港町ヴェリアの古代遺跡。そしてサン・ロレンツォ修道院はバロック様式の特徴を備えた建築だ。自然と遺跡を両方楽しもう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イタリアの世界遺産最新情報

2017/11/23 世界遺産

圧巻の世界遺産、ローマの古代遺跡は時間をかけて堪能しよう(後編)

イタリア旅行イメージ-パラティーノの丘から見たフォロ・ロマーノ パラティーノの丘から見たフォロ・ロマーノ

前編に続いてローマの古代遺跡群をご紹介します。コロッセオに次いで人気と言えるのが、そのすぐ隣にあるフォロ・ロマーノです。フォロ・ロマーノとは「ローマ人の広場」という意味で、この敷地内には神殿や凱旋門、バジリカなどのいくつもの遺跡が眠っています。ただし大半の遺跡はほとんど原形を留めていないので、たんにぶらぶら歩いているだけだと何が何だかわからなくなる可能性大です。また敷地が広大なので、無計画に歩いていると時間と体力をどんどん消耗していきます。できれば事前に見ておきたいポイントの目星をある程度つけておき、当日の観光に臨むのがおすすめです。また日陰がほとんどない中で1時間〜2時間ほど歩くことになるの…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアの世界遺産「チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院」についてご紹介します。チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。