世界遺産「チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院(チレント・ディアノ渓谷)」の詳細情報

イタリアの世界遺産・名所ガイド

Cilento and Vallo di Diano National Park with the Archeological sites of Paestum and Velia and the Certosa di Padula

チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院

名称:チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院(イタリア
英語名称:Cilento and Vallo di Diano National Park with the Archeological sites of Paestum and Velia and the Certosa di Padula
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1998年

ギリシャ植民都市遺跡とバロック様式の大修道院

イタリアの西岸、ナポリの南東約120kmにある海岸線は、断崖や岩礁が点在する景観が素晴らしい。また周辺の渓谷は美しく、一帯は広大なチレント・ディアノ渓谷国立公園に指定されている。この自然の風景の中にあるのが、ふたつの古代遺跡と中世の修道院。ここは、自然風景と考古遺跡が一体となった文化的景観が特徴的な、世界遺産なのだ。遺跡のひとつは紀元前7世紀に建設されたギリシャの植民都市パエストゥムのもの。3つの神殿、城壁、公衆浴場跡などが残されている。もう一方は紀元前6世紀にギリシャ人が建設した港町ヴェリアの古代遺跡。そしてサン・ロレンツォ修道院はバロック様式の特徴を備えた建築だ。自然と遺跡を両方楽しもう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イタリアの世界遺産最新情報

2016/09/28 世界遺産

イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう!

イタリア旅行イメージ-イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう! イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう!

イタリアのナポリ以南の世界遺産「アマルフィ海岸」をご存知でしょうか? これはソレントから半島をぐるりと回りつつ、ポジターノ、ラヴェッロ、アマルフィ、サレルノへと続く約30キロの海岸線です。深く入り組んだ入り江もあって、断崖絶壁にへばりつくような小さな町が続いており、イタリア一の奇観と言われています。まずはその起点となるソレントからご紹介しましょう。ナポリ民謡(カンツォーネ)の「帰れソレントへ」はあまりに有名です。これは1902年、時のイタリア首相がソレントを訪れた時、国からの経済的支援要請の目的で、市長が作らせた歌なのです。今で言うご当地ソングだったのです。それを1961年にエルヴィス・プレス…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアの世界遺産「チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院」についてご紹介します。チレント・ディアノ渓谷国立公園及び遺跡群と修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。