世界遺産「チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古代墳墓群(チェルヴェテリ)」の詳細情報

イタリアの世界遺産・名所ガイド

Etruscan Necropolises of Cerveteri and Tarquinia

チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古代墳墓群

名称:チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古代墳墓群(イタリア
英語名称:Etruscan Necropolises of Cerveteri and Tarquinia
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2004年

墳墓が発掘されたエトルリア人の古代都市遺跡

ローマ郊外のチェルヴェテリとタルクィニアにあるエトルリア墳墓群は、紀元前9〜紀元前1世紀の死者の町の異なる埋葬習慣を示す。チェルヴェテリに隣接したバンディタッチャ墳墓は、道路、広場、集合墓地が都市のように構成されている。約2000の墳墓には、岩に溝を切り込み埋葬塚で覆った石墳、小屋や家型に岩を彫ったものなどがあり、豊富な細部装飾が見られる。円形台に土を盛った塚トゥムロやライオンの墓、豹の墓に残る巨大なフレスコ壁画は、当時の芸術的傑作だ。また、タルクィニアのモンテロッツィ地区には、6000基もの墓がある。うち200の石室には、当時の死生観・宗教観を示す壁画が描かれ、最も古いものは紀元前7世紀のものといわれる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イタリアの世界遺産最新情報

2016/09/28 世界遺産

イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう!

イタリア旅行イメージ-イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう! イタリアのソレントからサレルノまで、世界遺産のアマルフィ海岸を船で回ろう!

イタリアのナポリ以南の世界遺産「アマルフィ海岸」をご存知でしょうか? これはソレントから半島をぐるりと回りつつ、ポジターノ、ラヴェッロ、アマルフィ、サレルノへと続く約30キロの海岸線です。深く入り組んだ入り江もあって、断崖絶壁にへばりつくような小さな町が続いており、イタリア一の奇観と言われています。まずはその起点となるソレントからご紹介しましょう。ナポリ民謡(カンツォーネ)の「帰れソレントへ」はあまりに有名です。これは1902年、時のイタリア首相がソレントを訪れた時、国からの経済的支援要請の目的で、市長が作らせた歌なのです。今で言うご当地ソングだったのです。それを1961年にエルヴィス・プレス…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアの世界遺産「チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古代墳墓群」についてご紹介します。チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古代墳墓群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。