世界遺産「ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェとバラッツィ・デイ・ロッリ制度(ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ)」の詳細情報

イタリアの世界遺産・名所ガイド

Genoa: Le Strade Nuove and the system of the Palazzi dei Rolli

ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェとバラッツィ・デイ・ロッリ制度

名称:ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェとバラッツィ・デイ・ロッリ制度(イタリア
英語名称:Genoa: Le Strade Nuove and the system of the Palazzi dei Rolli
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2006年

登録制「公的宿泊施設」と貴族の邸宅など

「ストラーデ・ヌオーヴェ(新しい通り)」と「バラッツィ・デイ・ロッリ(登録された邸宅群)」は、イタリア北西部に位置するジェノヴァの歴史地区にある。16世紀半ば、ジェノヴァの街は金融業で繁栄した。海外から来賓を迎えるため富裕な貴族たちはストラーデ・ヌオーヴェをつくり、通り沿いに宮殿や邸宅を建て「ロッリ」と呼ばれるリストに登録した。「バラッツィ・デイ・ロッリ」は、建物は3〜4階建てに統一され、広い玄関や中庭を備えている。マニエリスム様式やバロック様式の装飾が施された施設は、ヨーロッパ上流社会でも話題となった。それは公的な宿泊施設に関する都市開発プロジェクトという、ユニークなシステムだった。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!イタリアの世界遺産最新情報

2017/10/15 世界遺産

地図必須! 迷路のような旧市街が面白いジェノバ

イタリア旅行イメージ-現在は市庁舎として使われているトゥルシ館の入口 現在は市庁舎として使われているトゥルシ館の入口

中世から近世にかけては独立した海洋国家として栄え、現在もイタリア最大の貿易港を持つ港湾都市ジェノバ。同じ北イタリアのミラノやベネチア、もしくは国境を越えてすぐのフランスのニースに比べると、必ずしも日本で人気の観光地というわけではありませんが、世界遺産があり、コロンブスやパガニーニといった歴史上の人物ともゆかりがあり、そして何よりも広大な港の景観が美しい、魅力の詰まった都市なのです。今回はそんなジェノバの必見スポットをご紹介します。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イタリアの世界遺産「ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェとバラッツィ・デイ・ロッリ制度」についてご紹介します。ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェとバラッツィ・デイ・ロッリ制度の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。