グルメ大国イタリアのハッピーアワーとは

“Happy Hour(ハッピーアワー)”が設けられているBar(バール)は日本でも少なくありません。昼下がりから夕方までの時間帯にあてられて、時間内はワインが一律で割安価格になったり、ビールが半額になったり…といったドリンク割引を行うお店が、日本では大多数です。ところがグルメが集う町ミラノのハッピーアワーは、「Aperitivo(アペリティーボ)」と呼ばれ、その内容は日本とずいぶん異なります。

イタリアのミラノでおなじみの、ディナー前のお楽しみとは? イタリアのミラノでおなじみの、ディナー前のお楽しみとは?

イタリアのミラノが発祥のアペリティーボ

アペリティーボといわれる時間では、ドリンクを一杯注文すると、なんと生ハムやブルスケッタなどの前菜をはじめ、軽食が食べ放題になります。だいたい夕方18:00からディナーが始まる20:00ごろの間に、バールでアペリティーボを楽しめます。町なかのリストランテやトラットリアなどは、ランチとディナーの間に一時閉店するところが大半です。その時間帯に「ちょっと休憩したい」思いに応えてくれるのが、アペリティーボなのです。

軽食が食べ放題! 驚きの大盤振る舞い

そもそも「Aperitivo」という単語の意味は「食前酒」。その語義とはずいぶん異なり、パスタや肉料理なども食べ放題メニューに提供するお店まであるほどです。日本人にとって十二分に“食事”になるメニュー展開とボリュームは、早めの夕食として利用するのにもぴったりです。ただし食べ放題といえど、節度はお忘れなく。リラックスムードがただよう雰囲気のなかで、イタリア人とお酒を交わしつつ陽気におしゃべりできるのも、バールならではのひと時です。

お金がなくても、イタリアの食文化は堪能可

そもそもイタリアは物価が高い国です。パスタが一皿で12ユーロ以上なんてザラにあるなかで、単品の注文は“ご法度”となると、1回の食事であっという間に高額になってしまいます。イタリアのバールではカクテルをビールより安値で揃えているバールが多く、だいたいグラス1杯6ユーロからが目安の料金です。せっかくの旅行だしファーストフードは惜しい! そんな方はぜひアペリティーボ発祥地のミラノで、地元人も集うバールへ足を運んでみてくださいね。