世界中に愛されるイタリアブランドの靴

若い頃は全く興味のなかった革靴ですが、20代後半にもなると大人の女性に似合う素敵な革靴が欲しくなりました。ファッション雑誌に載っているような、上品で、長く履けるものを探して、イタリアへ旅行したときのこと。フィレンツェで上品な婦人靴の代名詞「サルヴァトーレ・フェラガモ」の本店へ行きました。そこは、ブランドの歴史や著名人に愛されてきたデザインなどが展示された博物館がありました。靴にたいするこだわりを見て、ますますイタリア靴に魅了されたのです。

とっておきの革靴を買うヨーロッパの旅 とっておきの革靴を買うヨーロッパの旅

メイド・イン・イタリーを探して半日

ミラノでは、日本では名の知れていない地元メーカーの店に行ってみることにしました。リサーチした1軒目の靴屋はセミオーダー式で、滞在日数が足りなくて断念。2軒目、3軒目は予算を超えてしまい、4軒目にやっと気に入ったデザインを見つけました。店を回るのに半日費やしましたが、楽しい買い物はなぜか疲れませんでした。ヨーロッパでは勝手に商品に触らず、店員に断ってサイズを出してもらい、試し履きをします。店員のアドバイスも的確で、靴屋のレベルの高さを感じました。

日本未発売を見つけて、流行の先取り!

私が購入したメーカーは、ブルーノ・マリ(BRUNO MAGLI)。華奢なパンプスで、革も柔らかく、羊の革でした。デザインを見て一目ぼれし、触って即決買いするほど気に入りを見つけました。その後、日本へ戻ってからも何年も履いたので、いい物が買えたと思います。今では日本に店舗があり、みんなより流行を先取りして手に入れた優越感がありました。フィレンツェやミラノにはすてきな靴屋が多く、街を観光している最中に何度も靴屋に吸い込まれそうになりました。

スペインの革靴も日常靴におすすめ

スペインもイタリアと同様に上質な革製品が知られています。スペインの靴メーカーはわりとカジュアルなデザインが多いので、日常靴にはお勧めです。中でもバルセロナ発のヴィアリス(Vialis)は、派手過ぎないデザインと履き心地の良さで気に入っています。手作業で作られている靴なので、品質もとてもいいです。婦人用が多いですが、男性用も置いてあります。スペインに行ったら、デイリー使いの革靴を探してみませんか。