世界で最大かつ豪華な駅、ミラノ中央駅

「欧州4か国ユーレイルパスとユースホステルの旅4/世界遺産ベルニナ線でスイスからイタリアへ」からの続きです。ティラーノ駅からイタリア国鉄のR2575号でミラノへ。このルートの車窓の見どころは、進行方向の右手に見える白い石垣に囲まれたブドウの段々畑と、モルベーニョ(Morbegno)駅を過ぎたあたりから見えるエメラルド色のコモ湖です。そして約2時間半で大都会ミラノへ到着。世界一広く、大理石をふんだんに使った贅沢な駅のミラノ中央駅は、かつてムッソリーニが国の威厳をかけて建設したといわれています。いかにもヨーロッパらしいアーチ型の駅舎。大都会の活気に気分も高揚してきました。

ミラノ中央駅のホーム ミラノ中央駅のホーム

ミラノのYHは皆と交流できそうなYMCA風

中心部の大聖堂ドウォーモから地下鉄ライン1で乗り換えなしで約15分。ミラノのYH(ユースホステル)は、正式には「ピエルロッタ・ミラノ・ユースホステル」といいます。ゲストの75%はイタリア以外の若い旅人とのことです。かつてYHを泊まり歩いたというシニア世代にとっては懐かしい雰囲気かもしれません。1階のロビーから奥へはいった部屋では、学生やビジネスマンらしき男性が勉強や仕事をしたりしていて、街のカフェのような雰囲気です。ここで有意義な出逢いもあるかもですね。客室やドミトリーは改装されたばかりで清潔そのもの。料金はドミトリー20ユーロ(2640円)、シングル65ユーロ(8580円)から。トリノのYHは、日本人が経営していることも知りました。

ミラノのYHは食堂の壁がこんなにカラフル! ミラノのYHは食堂の壁がこんなにカラフル!

ミラノの夜は行列店「ピズ」で、激ウマのピザに感動!

本場のイタリアンピザをいただくならぜひともここへ。ユーレイルパス広報担当Nさんの行きつけのピザ店「ピズ(Piz)」です。さすがに人気店は行列は必須です。イエロー一色の店内はキースヘリングのイラストで埋め尽くされ、本田圭佑のACミランのユニフォームが飾られていたりと、とにかくポップでスタッフのノリも最高でした。マルゲリータや4種チーズのフロマージュほか、頼んだすべてはどれも美味。テンション上がること間違いなしです。やっぱりイタリアは楽しいな。この後は、「欧州周遊ユーレイルパスとユースホステルの旅4/イタリア(後編)買い物はコルココモで」に続きます。
●ピエロロッタ・ミラノ・ユースホステル
https://hihostels.com/hostels/milano-milan-piero-rotta
●ユーレイルパス http://www.eurailgroup.org
●協力:日本ユースホステル協会http://www.jyh.or.jp/membershi

取材中いちばん盛り上がったディナー、最後に甘いデザート用のメロンリキュールをサービスしてくれました 取材中いちばん盛り上がったディナー、最後に甘いデザート用のメロンリキュールをサービスしてくれました