page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ナポリ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ナポリの隣ポッツォーリは、活気のある港町!歴史も魚介料理も深みが違います


掲載日:2009/06/08 テーマ:歴史 行き先: イタリア / ナポリ

タグ: すごい! 遺跡 街歩き 美しい


ナポリ湾のリゾートへの入り口

ナポリから来ると地下鉄が途中で外にでます。すると目の前に広がるのが美しいナポリ湾。カラフルなポッツォーリの町並みも可愛らしいです ナポリから来ると地下鉄が途中で外にでます。すると目の前に広がるのが美しいナポリ湾。カラフルなポッツォーリの町並みも可愛らしいです

ポッツォーリはナポリの西にある港町で、ナポリ中央駅から延びる地下鉄2番線の終着駅です。排気ガスと騒音からわずか30分で美しい緑と透き通るような海を目にすることができます。ナポリは都市圏を含めば300万人程を有する大都市、列車で約30分のポッツォーリは十分に通勤圏です。また、週末にはナポリの人たちが海を眺めながらランチを食べに来る、プチリゾートな雰囲気を持った町です。
この町から、ナポリ湾の有名なリゾート地、イスキア島やプロチダ島へのフェリーが発着しているので「ナポリ湾への入り口」という顔も持っています。

漁港は活気があり、魚やタコの競りが面白い!

午前中に町に着けば、港で魚の売買を目にすることができます。この辺りではイワシやタコが有名です。威勢のいい声が埠頭のあちらこちらから聞こえ、なんだかワクワクしてきますよ 午前中に町に着けば、港で魚の売買を目にすることができます。この辺りではイワシやタコが有名です。威勢のいい声が埠頭のあちらこちらから聞こえ、なんだかワクワクしてきますよ

ヨットハーバーなどもありますが、本来の顔はやはり漁港の町。朝は毎日、魚の売買が行われています。とは言っても、特別な市場がある訳ではなく、漁師さんたちが朝つり上げた魚やタコを船の上や埠頭で、バケツに入れて売っているのです。その光景は見ているだけで楽しいです。「今日はいいタコが獲れたよ。安くするから買って行きなよ」なんて声が飛び交います。商談が成立すれば昔ながらの天秤をだして計り、無造作にスーパーのビニール袋に入れて行きます。
漁港ならではの雰囲気は、ついつい写真の枚数も増えてしまいます。地元の人はおおらかなので、撮影しているとポーズを取ってくれたりと楽しいですよ。

レストランも豊富で、目にも胃袋にも嬉しい町です

南イタリアの港町は時間がゆっくりと流れます。ワンコもさざ波をBGMにお昼寝です。微笑ましい光景ですね 南イタリアの港町は時間がゆっくりと流れます。ワンコもさざ波をBGMにお昼寝です。微笑ましい光景ですね

獲れた魚たちはナポリへと出荷されますが、もちろん地元でもたくさん消費されます。ナポリからほど近く、美しい港町が広がるポッツォーリには、美味しいレストランも多いと聞きます。地下鉄で約30分、わずか160円の運賃で新鮮な魚介料理が食べられるのだから、グルメのナポリッ子が放っておくはずがありません。
海岸沿いにはレストランが並び、お昼時になると魚介の美味しい香りが漂ってきます。お店を選びながら歩いていると、店の中から「食べて行きなよ、美味しいよ!」と声がかかり、今朝獲れたばかりの活きたタコやオマール海老、ウニなどを披露してくれます。

遺跡も豊富、歴史ある美味しい町に行きましょう!

二つの円形闘技場を持つ町というのは世界的にもとても珍しいのだとか。このフラヴィオ闘技場は保存状態もよく、小さな町に不釣り合いなほど立派です 二つの円形闘技場を持つ町というのは世界的にもとても珍しいのだとか。このフラヴィオ闘技場は保存状態もよく、小さな町に不釣り合いなほど立派です

ポッツォーリの町は歴史もあります。紀元前528年に築かれた町の中には、2つもの円形闘技場がありました。その一つがイタリア最大級で、今も大部分が残っている「Anfiteatro Flavio(フラヴィオ闘技場)」。2万人の観客を収容できたと言われています。映画「グラディエーター」にもあるような、剣闘士や猛獣の殺し合いを見世物にした名残で、獣の檻や舞台に引き上げる仕掛けも残っています。
歴史好きな人なら、遺跡が数多く残る旧市街テッラ地区(Rione Terra)を散策するのも楽しいです。美しい町並みの隅々まで歴史の息吹を感じます。

【関連情報】

■ポッツォーリへの行き方
ナポリ中央駅(Garibaldi)から地下鉄2番線(青色)に乗って9駅目。西の終着駅です。所要時間は約30分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索