ピザは本場イタリアにかぎる!

旅行者の行きたい旅先に、いつもイタリアが上位に選ばれます。その理由に、本場のイタリアンが食べたいから、という動機の人が多くいるのではないかと思います。イタリア料理は種類が豊富ですが、イタリア人が誇るその代表の一つは、ピザだと思います。イタリアがピザの発祥の地です。歴史も古いのに、現代でも世界中の人に好まれ食べ続けられているんですね。「私はナポリピザが好き」と言うとちょっと通っぽいですか? そのこだわりは、食べ比べたことがある人には納得してもらえると思います。

ローマピザとナポリピザの食べ比べに行こう! ローマピザとナポリピザの食べ比べに行こう!

ナポリピザとローマピザ

ナポリピザとローマピザと、生地の違いで呼び分けます。ナポリピザは発祥がナポリで、生地は厚めで、もちもちしていています。代表ソースは「マルゲリータ」で、トマトソース、モッツァレラチーズ、バジリコのシンプルな組み合わせです。ふちの耳まで美味しく食べられます。ローマピザは、ナポリに比べて生地を薄くのばして、パリパリのクリスピーな食感なのが特徴です。ピザの具の種類だけではなく、現地に行ったら生地を食べ比べしてみるのも、楽しいのではないでしょうか。

イタリアのピザは、お一人様用

発祥はイタリアでも、その後世界各地で食べられているピザ。日本の宅配ピザは、アメリカから来た文化です。大きいピザを8等分にして、みんなでわいわい1カットずつ食べますよね。しかし、イタリアでは基本的に注文したピザは、自分ひとりで食べるもので、他人とシェアはしません。フォークとナイフで、ひと口サイズにカットして食べます。気どっているわけではなく、それがイタリア風。メニューによっては、具を均等に散らべず、1枚の生地に4区画に分けて具を乗せているのもあるので、一人で食べきるのが一番かもしれません。

美味しいピザを食べるなら

イタリアでは、レストランと一言で言っても、高級めなリストランテ、大衆食堂的なトラットリア、オステリアなどに分かれています。そして、ピザを食べるならレストランではなく、ピッツェリア(Pizzeria)へ行きましょう。ピザのメニューも豊富で、お好みの一枚が見つかるはずです。また、観光途中に小腹がすいたら、カット売りのテイクアウト用ピザを売っているお店もお勧めです。サイズもちょうどいいです。イタリアっ子たちのように、ピザの食べ歩きはいかがですか。