港と山を一望できるおすすめ撮影スポット

南イタリア最大の都市ナポリ。世界遺産の歴史地区や「青の洞窟」で有名なカプリ島へ向かう船があり、豊かな食文化があり、美しい風景を楽しめる充実した観光都市です。「ナポリを見てから死ね」ということわざを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。そんなナポリの中でぜひ「見て」いただきたいのが、サンタ・ルチア港とヴェスヴィオ山を一望できる城、カステル・デローヴォからの眺望です。絶好の撮影スポットなのですが、なんと入場無料なのです。

サンタ・ルチア港の向こうにベスビオ山が見える サンタ・ルチア港の向こうにベスビオ山が見える

古い伝説を持つカステル・デローヴォ

日本語にすると「卵城」という一風変わった名前のカステル・デローヴォ。その名前は、この城が建てられたときに地下に卵を隠し、「この卵が割れるときナポリに災いが起こる」と伝えられている伝説に由来しています。卵を隠したのはラテン文学最大の詩人ウェルギリウスとも、中世にこの地を支配したノルマン人とも言われていますが、いずれにしろ興味深い由来ですよね。ナポリ最古の城とされているカステル・デローヴォは、たんに展望を楽しめるだけの場所ではなく、長い歴史を持つスポットでもあります。

潮風を感じながら展望を楽しめる

ナポリの展望スポットと言えば、丘の上にあるサンテルモ城も人気です。見晴らしの良いサンテルモ城の展望台からは港と山だけでなく市街地も一望でき、たしかに素晴らしい眺めです。しかし卵城が良いのは、突き出した島に立っているため、海が間近に見えるところ。サンタ・ルチア港が本当に目の前にあり、港越しに見えるヴェスヴィオ山はなんとも言えません。卵城の展望台で潮風に当たりながら風景を楽しんでいると、つい時間を忘れてしまいます。その上さらに入場無料なのですから、行かない手はありません。

近くにはさまざまな見どころも

卵城の最寄り駅は地下鉄の「ムニチピオ駅」。駅から卵城までは少し歩きますが、その道中にはナポリ宮、プレジビート広場やサン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂などの観光スポットもあるので、立ち寄ってみたり、美しい外観だけでもご覧になってみるといいでしょう。また、音楽好きな方には、現役では最古のオペラハウスであるサン・カルロ劇場もおすすめです。ほかの多くの劇場と同じように公演がない日にガイドツアーで見学することもできますが、卵城やほかのスポットを観光した後、夜にオペラを見れば、ナポリらしい充実したひとときを堪能できますよ。