ナポリショッピング・お土産ガイド

ナポリショッピング・お土産ガイド

ナポリのショッピング情報

魅惑の町ナポリ。ゴミが溢れているとかスリや窃盗が多いなど、悪い印象がつきまとっているが、行ってみるとエキサイティングでとても楽しい町。生活感溢れる街並みは他の都市では見ることができない独特の雰囲気がある。ショッピングも楽しく、ローマやミラノに比べると3割くらい安い印象がある。ナポリは例えばサルトリア(テーラー)が豊富だし、レザーグローブも世界的に有名だ。ショッピングが好きな人はぜひナポリに足を運んで欲しい。安い物価に驚くこと間違いないだろう。(2015年編集部調べ)


ナポリの特産品・ブランド

ナポリ名産のお土産物を買うならスカッパ・ナポリと呼ばれる、少しディープな街並みに入る必要がある。明るい時間帯で観光客の多い道だけなら危険も少ない。特にショッピングに向いているのが、Via dei TribunaliとS.Gregorio Armeno通りだ。前者は食材店が何軒も並んでいて、ナポリ名産のパスタ、瓶詰めソース、魚醤、香辛料、甘いドルチェなどが溢れている。そして後者には、プレゼピオと呼ばれるクリスマスに使われる人形やジオラマセットが売られている。見るだけでも楽しめる、深くて味のある地区である。

ナポリの市場・免税店・お買い物スポット

ナポリのブランド・ショッピングはサンカルロ歌劇場近くプレビシト広場から出ているキアイア通りが1番だ。入り口付近には手軽なブティックやセレクトショップが並び、奥に入っていくと超高級ブランドの美しい店舗が並ぶ。グッチ、プラダ、トラサルディ、ヴィトン、カルティエなど、超一流のショップがたたずみ美しい地区を形成している。ここまで一カ所に集まっているのはローマのコンドッティ通り並だろう。キアイア通りは街並みも綺麗で安心できるが、少し裏道に入るとスペイン人地区と呼ばれ、治安が悪い場所となる。十分に注意して欲しい。


ナポリ旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/22)


■カードひとくちメモ

イタリアでのカード普及率は高く、レストランやショップはもちろん、コンビニやスーパーマーケット、美術館やオペラ座の入館料やコンサートのチケット売り場でもカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)を利用できます。

ローマなどでは、スリや置き引きなどの盗難が多発しており、多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。ちなみにイタリアでは、1,000ユーロ(約129,000円 2015年4月現在)以上の現金支払いが禁止されており、カードでの支払いが義務付けられているので、イタリアでお買い物を楽しみたい方はカードは必須アイテムです。ただ、カードの読み取り機の不具合で使えないこともあるので、2〜3種類のカードを持っていくことをおススメします。また欧州では、ICチップ付きカードが普及しているので、ぜひチップ付きカードを携行しましょう。

国際空港から市内へはレオナルド・エクスプレスや普通列車を利用するのが一般的です。空港駅構内の券売機や国鉄の窓口では、カードで乗車券を購入することができます。

屋台や新聞スタンド、バール、そしてバスやほとんどのタクシーでは、現金決済。どうしても現金が必要になったら、積極的にATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。

Visaなどの国際ブランドのマークが入っている現地ATMであればカードを使ってユーロが引き出せます。

ATMは国際空港の到着ロビーに6台あり、空港駅構内にも1台あります。
ローマでは、挿入口に仕掛けをしてカードを奪う犯罪やスキミング被害が増えているため、ATMを利用する場合、銀行内などできるだけ人目のある場所で操作を行いましょう。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ナポリショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるナポリの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ナポリのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!