page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

オルヴィエートグルメガイド

オルヴィエートのグルメ・伝統料理

海に面していないオルヴィエートの食事は、肉や山の幸が中心となる。イノシシの煮込み料理やサラミ、外はパリッと中はジューシーの子豚の丸焼き、鳩のローストなど、肉の郷土料理の種類は豊富だ。また、クリームパスタやブルスケッタに黒トリュフが盛りだくさんでかけられているのも、名産地ならではの贅沢で、グルメの人も満足するだろう。ウンブリア州自慢の手打ちパスタはモチモチの食感がある太目のウンブリケッリで、濃いソースとの相性がいい。 (2015年編集部調べ)


オルヴィエートのレストラン・屋台

オルヴィエートは小さな町にもかかわらず、グルメを満足させてくれるトラットリア(レストラン)が何軒もある。価格もローマなどの大都市に比べて、安価なのがさらにうれしい。ドゥオーモ周辺や町の西側の旧市街なら、雰囲気のいい家庭的なレストランを見つけられるだろう。軽食をとりたいときはピッツェリアを利用するのもいいし、カフェ一杯で休憩したいときはバールへ行こう。観光の途中で疲れたときは、広場のテラス席でゆっくり過ごそう。

オルヴィエートの水・お酒

水道水を飲んでも問題はないが、硬水なので飲み慣れない人はミネラルウォーターを買った方がよい。スーパーや売店でペットボトルが販売されている。炭酸入りと炭酸なしがあるので、購入時には注意すること。オルヴィエートでお酒を飲むなら、地元産の白ワイン「オルヴィエート・クラシコ」を是非試してみよう。イタリア原産地統制名称のお墨付きで、世界的にも有名で評価が高い。赤ワインなら、近郊トルジアーノで生産されているのがおすすめだ。


現地ガイド発!オルヴィエートのグルメ・料理最新情報

2015/10/17 グルメ

ヴェネツィア在住者が太鼓判を押す、予約必須のオステリア「アル・ポルテゴ」

オルヴィエート旅行イメージ-雰囲気の良い外観です。入り口入ってすぐには立ち飲みバーカウンターもあるので、夕食前になると地元の人たちがおつまみ片手にワインを飲み始めます。 雰囲気の良い外観です。入り口入ってすぐには立ち飲みバーカウンターもあるので、夕食前になると地元の人たちがおつまみ片手にワインを飲み始めます。

今回紹介するレストランを勧めてくれたのはヴェネツィア在住の友達で、「ベニスのレストランをたくさん巡ったが、このAl Portegoが一番美味しい」と言っていました。もちろんお金を払えばもっと美味しいお店はありますが、普段気軽に行けるお店としては味も雰囲気も素晴らしく僕も大満足しました。ヴェネツィアにはレストランがたくさんありますが、旅行者目当ての高くてイマイチの店も多いので、本場のイタリアンを楽しみたい方はぜひレストラン・リストを準備していきましょう。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オルヴィエートグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるオルヴィエートの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
オルヴィエートのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!