page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・オルヴィエート・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

寒い冬は最高のカフェ・モンタヌッチで、最高のチョコラータをどうぞ


掲載日:2007/12/25 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: イタリア / オルヴィエート

タグ: おいしい お土産 カフェ スイーツ


オルヴィエートの名門カフェ「モンタヌッチ」

小さな町のバールとは思えない立派な入り口は青い屋根が目印。深夜まで開いている店内は住人の憩いの場、談笑が町に響きます 小さな町のバールとは思えない立派な入り口は青い屋根が目印。深夜まで開いている店内は住人の憩いの場、談笑が町に響きます

小さな中世都市オルヴィエートは当時の面影を多く残しています。メイン通りのコルソ・カヴールを散策するとまるで14世紀の町を歩いている気分になるのだから不思議です。石畳にほんのり明るい街頭、腕を組みながら歩くカップルは当時から変わらぬ光景なのでしょう。その小都市にイタリア国内でも有名なバールがあります、それが「モンタヌッチ」。2001年のガンベロロッソ(イタリアで最も権威あるレストランガイドブック)にてイタリアで最も美味しいカフェテリア3軒に選ばれた由緒あるカフェです。

味も超一流、店内の装飾も超一流

店内は壁一面が木彫り彫刻。広い店内にはチョコレートが所狭しと並んでいます。バレンタインデーやお土産にイタリアの最高級チョコを買うのもいいでしょう 店内は壁一面が木彫り彫刻。広い店内にはチョコレートが所狭しと並んでいます。バレンタインデーやお土産にイタリアの最高級チョコを買うのもいいでしょう

モンタヌッチに一歩入ってみると、そこらのバールと違うことがすぐにわかるでしょう。店内は木彫り彫刻「ミケランジェリ」で覆われています。このミケランジェリとは、オルヴィエートの伝統工芸である木彫り彫刻で、小さな置物から家具まで作っています。家具類は驚くほどの高級で、そのモダンで暖かい木工家具で店内が一面装飾されています。
また、バール内には様々な種類のチョコレートが並べられています。そうです、このカフェは自家製チョコレートでも有名で、円錐形をした「ピノキオの鼻」など、可愛い形のミニチョコが豊富でお土産にも最適です。ピスタチオ味やオレンジ味などバラエティーにも富んでいて、眺めているだけでも飽きません。

熱々のチョコラータは生クリームのせでどうぞ

チョコラータは専用の機械からカップに注いでくれます。とろりと甘いその飲み物は体をポカポカと温める効果があります チョコラータは専用の機械からカップに注いでくれます。とろりと甘いその飲み物は体をポカポカと温める効果があります

カフェもカプチーノも美味しいバールですが、ここはやはり「チョコラータ」を味わっていただきたいです。自家製の飲むチョコレートは、甘すぎず、体の心から暖めてくれ寒い冬には最適です。イタリア人は「チョッコラータ・コン・パンナ!」と生クリームを乗せたチョコラータを注文するひとが多いです。かなりのボリュームなので小腹が減った時にちょうどいいでしょう。

彩り鮮やかなドルチェも毎朝手作りの自家製です

美しいタルトは全て自家製でその日の朝に作られます。チョコでコーティングしたオレンジピールも量り売りしてくれるので、ホテルに持って帰って食べるのもいいでしょう 美しいタルトは全て自家製でその日の朝に作られます。チョコでコーティングしたオレンジピールも量り売りしてくれるので、ホテルに持って帰って食べるのもいいでしょう

美味しいバールは、ケーキも美味しいのがイタリアの法則。このモンタヌッチには常時10種類以上のケーキやタルトが並んでいます。もちろん全部自家製で、お店によると毎朝4時には厨房が開き、朝食用のブリオシュ(クロワッサン)と一緒に、その日のケーキ、チョコレートなどが作られるとのこと。甘い物好きの方はぜひ、格付けカフェで最高のケーキも味わってみてください。

【関連情報】

店名:Caffe' Bar Montanucci
住所:Corso Cavour, 21 Orvieto (TR)
電話:0763.341261
定休日:水曜日
営業時間:7:00-23:30

オルヴィエートへのアクセス:ローマ、フィレンツェから電車で約1時間〜1時間半

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索