page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・オルヴィエート・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

幽閉された美少女クリスティーナが奉られるボルセーナの聖堂秘話


掲載日:2008/01/29 テーマ:観光地・名所 行き先: イタリア / オルヴィエート

タグ: すごい! 教会


キリスト教徒迫害で起きた、少女の悲しい話

迫害を受け殺された美少女、クリスティーナ。彼女のお墓は聖地となり1700年経った今も訪れる人が後を絶たない 迫害を受け殺された美少女、クリスティーナ。彼女のお墓は聖地となり1700年経った今も訪れる人が後を絶たない

キリスト教史上最も多くの信者が弾圧によって殉教したとされる、ローマ帝国のディオクレティアヌス帝の迫害の終わり頃、4世紀前半の7月24日、11歳の女の子クリスティーナが殉教する。彼女の遺体はボルセーナの南の町外れにある、カタコンベ(キリスト教徒迫害時代に信者が造った地下の礼拝所)にひっそりと埋葬された。そしてその600年後、その場所は聖地として聖堂が立てられることとなった、それがボルセーナの奇跡でも有名なサンタ・クリスティーナ教会である。これは美しすぎた少女の悲しい物語である。

11歳の少女と天使と拷問

聖堂のファザードには石を首にくくられた聖クリスティーナのレリーフが掘られています。彼女を題材にした絵画などもイタリア全土で見かけます 聖堂のファザードには石を首にくくられた聖クリスティーナのレリーフが掘られています。彼女を題材にした絵画などもイタリア全土で見かけます

ボルセーナに住む11歳の女の子クリスティーナはそのあまりの美しさのため、皇帝の官吏であった父親により、12人の召使いとともに塔の中に幽閉されてしまう。そして彼女はキリスト教徒としての啓示を受ける。キリスト教徒が弾圧されている時代にあり、彼女の父親は猛反対するが彼女の意思はゆるぎなく、父親の行動がエスカレートし、鞭打ちを科したり、牢獄に入れたり、さらには過酷な体刑を科すように裁判にかけたりした。しかしながら、体中あざだらけとなり衰弱した彼女は牢獄内で3人の天使により癒され、すぐに回復してしまう。そして最後の拷問へと続く……。それは彼女の首に重い石をくくりつけ、ボルセーナの湖に投げ入れるというものである。しかしそこでも天使により支えられ、岸に運ばれて助かるのだ。
これを見た父親はあまりの苦痛により死亡。クリスティーナは再び投獄され、迫害を受け続ける。恐ろしい拷問は彼女の命が途絶えるまで続けられ、最後には2本の矢により刺殺されるに至ってしまう。

ヨーロッパで人気の避暑地ボルセーナは、神聖な町でもあります

石にくっきりと彼女の足跡が残る礼拝所。奥には古代ローマ時代からのカタコンベもあり、ひんやりとした空気が神聖な気分にさせます 石にくっきりと彼女の足跡が残る礼拝所。奥には古代ローマ時代からのカタコンベもあり、ひんやりとした空気が神聖な気分にさせます

彼女の伝説はキリスト教徒の共感を呼び、埋葬された場所は聖地となっていく。キリストの受難を題材にした、メル・ギブソン監督の「パッション」は有名ですが、聖クリスティーナのパッション(受難)もまた有名な物語です。9世紀に書かれたその聖人伝説は地元一帯では特に有名な物語として語り継がれています。
ボルセーナに訪れた際は、サンタ・クリスティーナ教会に入ってみてください。悲しい伝説が生まれた場所はとても神秘的です。

【関連情報】

■ボルセーナへのアクセス
ローマ、フィレンツェからオルヴィエートまで電車で約1時間〜1時間半。
オルヴィエートからバスで約30分。
(ヴィテルボからの場合、バスで約40分)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索