page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・オルヴィエート・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

歴代教皇も愛したオルヴィエートのワインは、洞窟墓地で作られる!?


掲載日:2008/05/22 テーマ:お酒・バー 行き先: イタリア / オルヴィエート

タグ: おいしい ワイン


教皇、画家、ノーベル物理学者も魅了したオルヴィエートの白ワイン

ここは2000年以上前はお墓、今はオルヴィエートの最高の赤ワインが静かに熟成しています。微かなカビ臭とブドウの甘い香りが混ざり、まさに神秘的な空間です ここは2000年以上前はお墓、今はオルヴィエートの最高の赤ワインが静かに熟成しています。微かなカビ臭とブドウの甘い香りが混ざり、まさに神秘的な空間です

紀元前700年頃に築かれたと言われるオルヴィエートは目を楽しませてくれるだけでなく、旅行者の胃袋をも満足させてくれます。イノシシのサラミはこの町の名産ですし、トリュフのかかった手打ちパスタ・ウンブリケッリも感動の味です。でも、でも、オルヴィエートで忘れてはならないのが、地元ワイン。白ワインのオルヴィエート・クラシコはDOC(統制原産地呼称ワイン)の辛口ワイン、ロッソ・オルヴィエターノは赤のDOCとして世界に名を馳せています。
オルヴィエート・ワインは昔から教皇宮廷たちのお気に入りで、ドゥオモのフレスコ画を描いたルーカ・シニョレッリはその報酬として年間1000リットルのワインを請求したといいますし、ノーベル物理学賞を受賞したエンリコ・フェルミは核を発見した祝杯にオルヴィエート・ワインを欲しがったとも言われています。

オルヴィエートの高級ワインセラー「Villa Barbi」

「Villa Barbi」はヴィラという名前の通り宿泊施設としても利用できます。各施設からは広大なワイン畑が広がり、綺麗な芝生とプライベートプールも併設。写真はプライベートの教会です 「Villa Barbi」はヴィラという名前の通り宿泊施設としても利用できます。各施設からは広大なワイン畑が広がり、綺麗な芝生とプライベートプールも併設。写真はプライベートの教会です

そんな隠れたワインの里であるオルヴィエートには無数のワインセラーがありますが、その中でも特に高級で知られているのが、このBarbi社のワイン。この辺りでは小さい規模である16ヘクタールほどのブドウ畑を持っていて、半分は白ブドウ、残り半分は赤ワイン用の黒ブドウが栽培されています。オルヴィエート・ワインは白ワインが特に有名ですが、Barbi社のあるコルバーラ地方の赤ワインは近年世界の注目を浴びていて、徐々に人気がでてきました。

ブドウ摘み、瓶詰め、コルクの打栓、ラベル貼り…すべて手作業です

発泡ワインはフランスのシャンパンと同じ製法で丁寧に作られます。白い印を8分の1ずつ回転させオリを口に貯め、徐々に炭酸を発生させていきます 発泡ワインはフランスのシャンパンと同じ製法で丁寧に作られます。白い印を8分の1ずつ回転させオリを口に貯め、徐々に炭酸を発生させていきます

ここではワイン製造の行程が全て手作業で行われます。ブドウを手摘みで熟成させ、ワインを瓶に詰め、コルクの栓をして、ラベルを貼る…。一本一本が人の手によって丁寧にできあがる様は、まさに大切にワインを「育てている」ように見えます。
驚いたのが、ワインを瓶に詰める前に、瓶の中をワインで洗浄するとのこと。ワイン好きの僕にはもったいないように思えますが、品質の高いワインは、こういった細やかな心遣いによって支えられているのでしょう。

紀元前のお墓カタコンベでワインを醸造!

8月から10月にかけてはブドウの収穫時期。すべて手摘みで丁寧にワインを作って行きます。抜けるような青い空と、太陽に輝く緑のブドウ畑、これぞ緑のハート・ウンブリアです 8月から10月にかけてはブドウの収穫時期。すべて手摘みで丁寧にワインを作って行きます。抜けるような青い空と、太陽に輝く緑のブドウ畑、これぞ緑のハート・ウンブリアです

オルヴィエート近郊にはエトルリア時代に作られた洞窟が無数に残っています。このヴィラ・バルビの敷地内にも2000年前のお墓「カタコンベ」が残っていて、今はワイン貯蔵庫として利用しています。ひんやりと安定した室温と湿度がワインの醸造には最適なんだとか…
わずかな明かりの薄暗い洞窟内には、発泡酒となるボトルが整然と並び、極上の赤ワインを満たしたオーク樽が静かにその最良のタイミングを待っています。
日本ではまだまだ無名なウンブリア州のワインですが、観光化されてない土地は隠れた最高のワインを生み出すには最適なのです。ワインの旅に最適な場所です

【関連情報】

■ヴィラ・バルビ(Villa Barbi)
住所:Localita' Fossatello di Corbara, 50, Orvieto (Tr)
電話:+39 0763-308255
開館時間:特になし(見学には事前に電話予約が必要です)
場所:オルヴィエートからトーディ方面に車で約30分。途中看板が出ている細道を左に入る
URL:http://www.villabarbi.it/

■オルヴィエートへのアクセス
ローマ、フィレンツェから電車で約1時間〜1時間半

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索