page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・オルヴィエート・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

中世のまま残された城塞都市ボルセーナに行ってみよう!


掲載日:2008/10/22 テーマ:歴史 行き先: イタリア / オルヴィエート

タグ: ワイン 美しい


湖の町ボルセーナはヨーロッパ有数の避暑地

これがヨーロッパの人たちを魅了する美しい湖、ボルセーナ湖。湖といいながらも砂浜が続き、自由に水浴びができます。釣り好きにも有名なスポットのようです これがヨーロッパの人たちを魅了する美しい湖、ボルセーナ湖。湖といいながらも砂浜が続き、自由に水浴びができます。釣り好きにも有名なスポットのようです

イタリアの中部、ラツィオ州、トスカーナ州、ウンブリア州の州境にヨーロッパで最大級のカルデラ湖があります、それがボルセーナ湖。この地域は約40万年前に火山の噴火によって成形され、火山灰が堆積してできた凝灰岩で覆われています。土壌の特性から地下水の通り道となっていて、このボルセーナ湖も湖底から水が湧いています。湧き水をたたえる湖の透明度はヨーロッパでも素晴らしく高く、その美しい水とイタリアの暖かい太陽を求めて、世界中から避暑にやってくるのです。数年前にはあのブラッド・ピットも遊びに来たと言うのだから知名度はまさに世界的です。

ボルセーナは湖だけでなく中世の町も魅力的

ボルセーナの旧市街に入るとすぐに左手に見つかるメイン通り。初めて見る人はみな、その美しさにため息をもらします。可愛くてぬくもりを感じます ボルセーナの旧市街に入るとすぐに左手に見つかるメイン通り。初めて見る人はみな、その美しさにため息をもらします。可愛くてぬくもりを感じます

ボルセーナに来る旅行者はついつい湖に直行してしまうのですが、実は旧市街の古い町並みがそれ以上に美しいです。イタリアに5年住む僕も、最近はボルセーナがオルヴィエート近郊でもっとも美しい町と胸をはって答えるほどです。
その魅力は中世から変わることのない町の雰囲気。今まであまり観光地として注目されていなかったのが幸いして、小さいながらも美しい町並みが残っています

ちょっと歩きにくい、すり減った石畳は歴史を感じます

丘にそって家々が並ぶ町並みは中部イタリアの特徴的な都市構造。小さな石造りの家が肩を寄せ合っています 丘にそって家々が並ぶ町並みは中部イタリアの特徴的な都市構造。小さな石造りの家が肩を寄せ合っています

例えば石畳。ボルセーナの町の石畳は大きな都市の歩きやすい石畳とは訳が違います。小さめの石を何年も使い続けているため角が取れて、まるで海にたどり着いた丸石のような可愛さがあります。ヒールのある靴では少々歩きにくいようですが、雨後の晴れ間には黒光りしてたいへん美しいです。
また丘の頂上に位置するお城から、丘の傾斜に張り付くようにならぶ家並みも特徴的で、上から眺めるとテラコッタ(素焼き)の屋根瓦と今も現役にニョキニョキのびる煙突が異国情緒たっぷりです。町を歩けば住人の方が気軽に声をかけてくれ旅の疲れを内側から癒してくれます。

ワインと食事を堪能して旅を満喫しましょう

夕日に染まるイタリアの町もまた美しいです。お城の町ボルセーナはアーケードが多く、細かい道が迷路のように入り組んでいます 夕日に染まるイタリアの町もまた美しいです。お城の町ボルセーナはアーケードが多く、細かい道が迷路のように入り組んでいます

ボルセーナはまた食生活も豊かです。この地方はイタリアでも最高級のオリーブオイルを産出していますし、ワインも赤、白ともに美味しく、かなりお手頃な料金で楽しむことができます。有名な白ワイン「エスト!エスト!!エスト!!!」もこの地方を代表するワインです。
湖で取れた新鮮な魚介、そして中部イタリアの豊かな山の幸を落ち着いたトラットリアでのんびりと堪能してください。古き良きイタリアをかいま見ることができるでしょう。

【関連情報】

■ボルセーナへの行き方
オルヴィエートからバスで約30分
ヴィテルボからバスで約40分

■ボルセーナ観光案内所
住所:Piazza Matteotti 12 - 01023 Bolsena
電話:0761-799923
URL:http://www.comunebolsena.it/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索