page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

オルヴィエートショッピング・お土産ガイド

オルヴィエートのショッピング情報

オルヴィエートは小さな町で大きなショッピングセンターなどはないが、観光地なので土産屋はたくさんある。旧市街の細い道を散策していると、中世の町並みに馴染んだ店構えの雑貨屋や小さな食品店が並んでいるので、ついつい立ち寄りたくなってしまうだろう。この町の名産は彩色された陶器と「オルヴィエート・クラシコ」の白ワインだが、それ以外にもオリーブの木で作った木工品や、美しい丘の上の町が撮影された絵葉書などもお土産におすすめだ。 (2015年編集部調べ)


オルヴィエートの特産品・ブランド

特にドゥオーモ通り(Via Duomo)には、陶器を扱う店が並んでいる。鮮やかな色彩で絵付けされた陶器が店の前に飾られ、それを見ているだけでも楽しい。花瓶、絵皿や水差しなどキッチン用品が土産に人気だが、陶器は割れやすい。購入時は店員に梱包を頼むと、気軽に引き受けてくれる。ドゥオーモからは、「職人通り」の名を持つマゴーニ通り(Via dei Magoni)がのびている。この通りには工房のようなハンドメイドの店が並んでおり、革小物や木工品を扱う店がある。

オルヴィエートの市場・免税店・お買い物スポット

食品の土産なら市場や食品店、ばらまき土産なら町のスーパーをのぞいて見よう。周辺で採れる特産品の黒トリュフは高価だが日本よりは安価で、缶詰になったパテなら購入しやすい価格だ。名物の白ワイン「オルヴィエート・クラシコ」は、エノテカで日本で手に入らないワイナリーのものが見つけられる。また、ポポロ広場では毎週木曜、日曜に青空市場が開かれる。生鮮食品の他にも日用品やファッションの店も出るので、日程が合えば行ってみよう。


オルヴィエート旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/22)


■カードひとくちメモ

イタリアでのカード普及率は高く、レストランやショップはもちろん、コンビニやスーパーマーケット、美術館やオペラ座の入館料やコンサートのチケット売り場でもカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)を利用できます。

ローマなどでは、スリや置き引きなどの盗難が多発しており、多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。ちなみにイタリアでは、1,000ユーロ(約129,000円 2015年4月現在)以上の現金支払いが禁止されており、カードでの支払いが義務付けられているので、イタリアでお買い物を楽しみたい方はカードは必須アイテムです。ただ、カードの読み取り機の不具合で使えないこともあるので、2〜3種類のカードを持っていくことをおススメします。また欧州では、ICチップ付きカードが普及しているので、ぜひチップ付きカードを携行しましょう。

国際空港から市内へはレオナルド・エクスプレスや普通列車を利用するのが一般的です。空港駅構内の券売機や国鉄の窓口では、カードで乗車券を購入することができます。

屋台や新聞スタンド、バール、そしてバスやほとんどのタクシーでは、現金決済。どうしても現金が必要になったら、積極的にATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。

Visaなどの国際ブランドのマークが入っている現地ATMであればカードを使ってユーロが引き出せます。

ATMは国際空港の到着ロビーに6台あり、空港駅構内にも1台あります。
ローマでは、挿入口に仕掛けをしてカードを奪う犯罪やスキミング被害が増えているため、ATMを利用する場合、銀行内などできるだけ人目のある場所で操作を行いましょう。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


現地ガイド発!オルヴィエートのショッピング・お土産最新情報

2012/08/26 ショッピング

目の前で作ってくれます。イタリアの手作り革工房でお土産!

オルヴィエート旅行イメージ-店内に入るとアンナさんたちが、毎日鞄や革小物を作っています。オーダー品や商品の補充にと手を休めることありません。作業工程を見ているだけでも楽しいですよ。 店内に入るとアンナさんたちが、毎日鞄や革小物を作っています。オーダー品や商品の補充にと手を休めることありません。作業工程を見ているだけでも楽しいですよ。

ローマから北に約100キロ、直通電車に1時間ほど乗ると崖の上に広がる町、オルヴィエートに到着します。駅前からケーブルカーに揺られて旧市街に到着するロケーションは子どもならずともワクワクします。標高300メートルを超える町はまるで空に浮かんでいるよう。城壁から外を見下ろすと、オリーブとブドウの畑の絶景が広がります。2万人ほどで手頃な大きさの町は、中世の街並みが残っていて散策するだけでも楽しくなります。その美しい町にひときわ可愛い小道があります。それが職人通りです。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オルヴィエートショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるオルヴィエートの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
オルヴィエートのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!