page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・パルマ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パルマのサッカーの醍醐味とは? 中田英寿の足跡を今、改めて辿る!


掲載日:2008/02/12 テーマ:歴史 行き先: イタリア / パルマ

タグ: サッカー スタジアム


「エンニオ・タルディーニに行くと特別な元気が出る」と話した日本人の年配女性も!

アズーロジャッロ(黄色と青)に彩られたホーム側のクルバ アズーロジャッロ(黄色と青)に彩られたホーム側のクルバ

「エンニオ・タルディーニに行くとなぜか特別な元気が出るの。サッカーって素晴らしいわねぇ」
まだ中田英寿がパルマで背番号10を背負ってプレーしていた2003年の秋、日本人の年配女性2人がスタジアムに向かう道中でこんな話をしていたのを聞いたことがある。彼女たちはシーズンに何度かイタリアを訪れ、パルマの試合を見ているという。もちろん中田がいたことは大きかったのだろうが、当時のパルマにはそれだけの熱狂と興奮が渦巻いていた。今回はそんな栄光の時代を振り返りながら、パルマでのサッカー観戦の醍醐味を改めて紹介してみることにする。

01−02シーズンのコパ・イタリア優勝の大一番をプレイバック

2001−2002シーズンのコパイタリア決勝・パルマ対ユベントス戦の試合前。中田ももちろんこの試合に出ていた 2001−2002シーズンのコパイタリア決勝・パルマ対ユベントス戦の試合前。中田ももちろんこの試合に出ていた

中田英寿がパルマへ移籍したのは2001年夏。移籍金はアジア人最高額の32億円にのぼった。そのシーズンのパルマにはイタリア代表DFカンナバーロ(現レアル・マドリッド)や元代表FWディ・ヴァイオ(現ジェノア)などスターがズラリ。シーズン中に監督が3人も代わるなどチームは揺れ動いたが、中田はトップ下でプレーし、コパ・イタリア優勝に貢献している。
忘れもしない2002年5月11日のコパ・イタリア決勝、パルマ対ユベントス戦。この大一番が私のエンニオ・タルディーニ初見参となった。このシーズンにスクデットを獲得した強豪・ユーベ相手とあってスタジアムは超満員に膨れ上がった。ホーム側のクルバ(ゴール裏)は「アズーロジャッロ(青と黄色)に美しく彩られる。その光景はまさに圧巻だ。中盤で激しくプレスをかけてボールを奪い、素早い攻守の切り替えからカウンターというサッカースタイルは見る者を確実に魅了した。そしてパルマは中田の右CKからジュニオールが先制点をゲット。これを90分間守りきり、3シーズンぶりのコパ・イタリア優勝を果たす。スタンドの盛り上がりは最高潮に達し選手たちもピッチ上をダイブしながら喜びを表現していた。クールな中田がこの輪の中にいなかったことも、今では懐かしい思い出だ。

スタジアムのチームショップでも栄光の歴史と中田の足跡に触れられる!

タイトル獲得が決まり、発炎筒を炊いて喜ぶサポーターたち。パルマに再びそんな時代が来るのだろうか? タイトル獲得が決まり、発炎筒を炊いて喜ぶサポーターたち。パルマに再びそんな時代が来るのだろうか?

中田のパルマ1年目となった01−02シーズンから、チームを去る03−04シーズンにかけて、パルマは魅力的なサッカーを見せ続けた。ムトゥ(現フィオレンティーナ)やアドリアーノ(現インテル)、ジラルディーノ(現ACミラン)などの際立った能力にため息をついた観衆も多かっただろう。冒頭の女性たちも、そんなダイナミックなパルマのサッカーを心から堪能していたはずだ。
パルマラットの破産を機にクラブは方向転換を強いられ、今季もセリエA残留を目指してはいるものの、エンニオ・タルディーニに行けば、パルマの輝かしい歴史と中田の確かな足跡を辿ることができる。例えば、正門をくぐってすぐのところにあるチームショップ。ここにはレプリカユニフォームやTシャツなどのグッズが所狭しと置かれているが、傍らには優勝カップがいくつも並んでいる。パルマはスクデットこそないが、コパ・イタリアは91−92、98−99、01−02シーズンの3回獲得。UEFAカップも94−95、98−99シーズンの2度優勝している。そんな華やかな時代の一翼を中田も担った。だからこそ、チーム関係者もサポーターも彼のことを忘れてはいない…。我々日本人にとってパルマは今もイタリアで身近なクラブの1つなのだ。

セリエAのテレビ観戦には要注意!

スタジアム内にあるチームショップ。試合当日はかなり込み合う スタジアム内にあるチームショップ。試合当日はかなり込み合う

「イタリアまで旅行に行ってもパルマに立ち寄る暇がないから、テレビでセリエAのゲームを見よう」と考える人もいるだろう。が、残念ながら、普通にチャンネルを回しても試合は見られないケースがほとんど。セリエAの放送は全て「ペイ・パー・ビュー」だからだ。私自身もホテルの部屋でサッカー中継を見ようとテレビの前に座ったら、どのチャンネルも司会者の男性と女性が出てきて長々としたトークを続けるだけ…という状況に直面したことがある。申し訳ない程度に試合速報が文字で画面上に表示されてはいたのだが、どんなに粘ってみても選手のプレーは映らない。これには驚いた。「SKY(スカイ)」や「CANAL+(キャナルプリュス)」などと契約しているところでしか、ナマ中継は見られない。そのことを肝に銘じておこう。

パルマでのサッカー観戦は、ミラノ、ローマなど大都市以上に価値がある!?

エンニオ・タルディーニの正面ゲート。さすがはイタリアのスタジアムだけあって、芸術的な佇まいを見せる エンニオ・タルディーニの正面ゲート。さすがはイタリアのスタジアムだけあって、芸術的な佇まいを見せる

そんなイタリアならではのカルチャーもある。やはりベストなのは実際に現地まで足を運ぶことだ。日本人サッカーファンにとってパルマはミラノ、ローマなど大都市以上に価値がある町ではないだろうか。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索