page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

イタリアの世界遺産オルチャ渓谷(ヴァン・ドルチャ)が、じわじわと人気急上昇中!


オルチャ渓谷はトスカーナ地方にある

イタリアの世界遺産オルチャ渓谷(ヴァン・ドルチャ)が、じわじわと人気急上昇中! イタリアの世界遺産オルチャ渓谷(ヴァン・ドルチャ)が、じわじわと人気急上昇中!

映画「トスカーナの休日」をご覧になった方も多いはず。この映画がヒットしたのは、映像が美しかったからだと個人的には思っています。その美しい風景がトスカーナ地方で撮影されたもので、象徴的な場所がオルチャ渓谷なのです。なぜか日本のツアーでは、オルチャ渓谷を目玉にしたものがほとんどありません。トスカーナ地方の中心地はフィレンツェです。ここはツアーなら外せませんよね。そしてピサの斜塔や、広場で競馬が行わることで有名なシエナ、にゅきにょきと塔が建つサン・ジミニャーノ、レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷であるヴィンチ村、温泉が有名なモンテカティーニ・テルメなどには行くものの、オルチャ渓谷の拠点の町ピエンッツァまでは、不思議と足が伸びないのです。ただフィレンツからの現地日帰りツアーは催行されています。個人でバスを使ってとなると、行きにくい場所なので、レンタカーを借りたほうが便利です。

ピエンツァに行くには…

オルチャ渓谷が世界遺産ならば、ピエンツァも世界遺産です。フィレンツェからまずは列車でシエナまで行き、次にバスでピエンツァ経由モンテプルチャーノ行きに乗ります。しめて3時間程度時間がかかります。結構遠いなあと思われるかもしれませんが、行く途中の景色はトスカーナ独特で、それは美しいです。ゆったりとした丘陵地帯には、ブドウ畑やオリーブ畑が見えます。どちらも特産。シエナからは、畑が少なくなって、丘陵地帯に牧草地が続くようになります。シエナの領土だったオルチャ渓谷ですが、粘土質のために耕作には適しませんでした。それを約300年にわたる土壌改良の結果、ワインの名産地と呼ばれるようにまでなったのです。町々は、丘の上にあり、町へと続く蛇行した坂道の両側に、糸杉が植えられています。誰しもが、一目見て、心を奪われてしまうでしょう。ハッとするほど自然の中で調和した風景なのですから。

オルチャ渓谷は世界文化遺産

世界遺産には文化遺産と自然遺産があります。オルチャ渓谷は自然の美しさを称えられているのですから、ふつうは自然遺産と考えますよね。ところが文化遺産だったのです。自然と共に暮らしてきた人類の営みが、この渓谷美を作りだしたと考えられているのです。牧草地にポツンと小さなチャペルが建っています。ヴィタレータ教会です。その両側に、この教会を守るように糸杉が植えられています。まるでメルヘンのようです。そう、この地には、自然の豊かさだけでなく、人類のロマンが眠っているのです。ピエンツァのような丘の上の町が絵になるのはもちろんのこと、町からの展望も、それは素晴らしいものです。芸術家たちがこぞってこの渓谷に来たのもわかります。映画のロケ地になっても至極当然なのでした。アグリツーリズモと言って、農家の民宿も充実しています。今後日本でも、じわじわと人気が出てくることでしょう。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/02/24)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索