page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ピサ旅行・ピサ観光徹底ガイド

ピサ旅行・観光の見どころ・観光情報

ピサの斜塔があることで有名な町。11〜13世紀にはジェノバ、アマルフィ、ベネチアとともに四大海洋都市国家として地中海に君臨し、その名を轟かせるほどだった。有名な斜塔をはじめ、今も町に残る世界遺産のドゥオーモや洗礼堂は当時の繁栄の名残りだ。斜塔は12世紀に建てられたものだが、完成前にすでに地盤沈下により傾きはじめ、処置を施したものの現在も見た目ではっきりわかるほど傾いている。一時は入場できなかったが、現在は予約制で塔の上まで上ることができる。このほかの観光名所は、貴重なフレスコ画が残る霊廟カンポサントやシノビエ美術館、アルノ川沿いのサンタ・マリア・デッラ・スピーナ教会など。(2016年9月編集部調べ)

ピサへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
イタリア語 EUR 1 EUR = 124.72350 約13.5時間 約-8時間

ピサの人気問合せ情報

ピサの最安値カレンダー

ピサ旅行・観光の選び方

フィレンツェ滞在中に半日オプショナルツアーかフリータイムを利用して行くことも可能

ピサのみに宿泊する5日間のパッケージツアーや、フィレンツェなどほかの都市を周遊する、ツアー期間が7〜8日間のものがある。ただしピサを訪れないツアーでも、フィレンツェ発のオプショナルツアーが午前と午後、1日2回催行している。予約制の斜塔の入場券が含まれるものもあるので、上りたい人には便利だ。ピサは斜塔以外にも見どころが多い町。ゆっくり見て回るならフィレンツェで1日フリータイムの日に列車で訪れるのもいい。約1時間で行くことができる。ピサでは、郷土料理のクロスティーニ・ネーリや郷土菓子のフリッテッレ・ディ・リーゾも味わいたい。(2016年9月編集部調べ)


ピサのグルメ・伝統料理

リグーリア海に近いピサは海の幸が豊富かと思われがちだが、意外にも内陸の幸を材料にした食事が多い。食の宝庫であるトスカーナ料理の類に漏れず、前菜からデザートまでグルメには嬉しい郷土料理が揃う。フィレンツェ風ステーキの最高級キアニーナ牛とブルーノ・アルピーナ牛を交配したムッコ・ピサーノ牛のステーキや、いんげん豆をトマトやセイジで煮込んだファジョーリ・アッルッチェッレットは是非味わって欲しいメニュー。(2015年編集部調べ)

ピサのショッピング情報

ショッピングは町の名産品を自他共へのお土産にしたい。記念になるグッズとして一番人気はピサの斜塔の置物。サイズは大小さまざま揃う。名産の蜂蜜や伝統菓子の塩味のチーズビスケット、松の実粉で作ったトリュフ型の「Kinzica(キンツィカ)」も美味しい。また郊外のビエンティーナで毎月第4土曜日曜に開かれるアンティーク市は家具で有名だが、一緒に並ぶ小物類を楽しんで見て歩くうちに気に入るものが見つかることも。(2015年編集部調べ)

ピサの気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは4〜10月。とはいえ、リグーリア海に近い温暖な気象条件の影響で、11〜3月の冬の寒さも耐えがたいほどではなく雪も少ない。関東以南の同シーズンの服装と相違なくてOK。(2015年編集部調べ)

ピサのオススメツアー

ピサ旅行・ピサ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook