ミラクルの連続! 世界遺産指定の『ポンペイの遺跡』は感動・驚嘆の渦!!

イタリア・ポンペイ・世界遺産の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ミラクルの連続! 世界遺産指定の『ポンペイの遺跡』は感動・驚嘆の渦!!

掲載日:2010/07/06 テーマ:世界遺産 行き先: イタリア / ポンペイ ライター:木場しのぶ

タグ: すごい! ハラハラドキドキ ミステリー 遺跡 一度は見たい 一度は行きたい 世界遺産



ABガイド:木場しのぶ

【イタリアのABガイド】 木場しのぶ
全ガイドを見る
ライター、コーディネーター、フォトグラファー。専ら端午の節句生まれを誉れとし、鯉幟を吊るす竹のように生きることを目指す。趣味・興味は多方面に渡るが、特に“食べて飲んで湯に浸かる”の3拍子をこよなく愛する。イタリア語通訳案内士資格を所持し、通訳としても活動。著書『蝦(エビ)で釣られたイタリア』は涙と笑いのイタリア滞在記。

遺跡内の大通り。手前の飛び石は『横断歩道』 遺跡内の大通り。手前の飛び石は『横断歩道』

火山灰に埋もれた街

これこそ真のミラクル! 歴史上の一大悲劇が、究極の奇跡を生んだのです!! 年初から来年にかけて日本各地で開催されている展示会、観に行かれた方も多いのでは? そう、1997年にユネスコの世界遺産に登録された『ポンペイの遺跡』です。
西暦79年8月24日、街の北西10kmにあるヴェスヴィオ火山が噴火。一昼夜にして6メートルもの火山灰が街を覆い、約1万の人口があったといわれるこの街は影も形もなくなりました【噴火日に関しては、近年発酵中のワイン樽が発見されたことにより、9月以降という説が浮上】。

 

引き臼の並ぶパン屋跡。写真左手のかまどは現在のものとたいして変わらない!? 引き臼の並ぶパン屋跡。写真左手のかまどは現在のものとたいして変わらない!?

運命の悪戯が奇跡を起こす

そして17世紀末、18世紀半ばと発見・埋立を繰り返し、組織的かつ科学的方法で正式に発掘調査が始まったのは1861年のイタリア王国成立以降。150年間が過ぎた現在も依然2割ほどが残っているようです。
ところでこの大噴火の17年前、この街、実は大地震に見舞われて大被害を受けており、外壁などにその修復跡が見受けられます。しかしその修復も完了せぬうちのさらなる大悲劇・・・。なんという運命の悪戯!←ミラクルはココ。街を埋め尽くしたこの“火山灰”が、2000年前の世界を現在に蘇らせた〜火山灰が湿気を吸収し腐敗を防いだのです。
加えてガイドさんのお話によると、ナント! この遺跡の下には、もっともっと古い紀元前10世紀頃の街の痕跡まで見つかったのだとか。どこまでいくのか、ミラクル続きの街ですね。

 

142m×38mもの広さのフォーロ(広場) 142m×38mもの広さのフォーロ(広場)

進歩した文化

遺跡の中を歩いていると、とても進んだ文化を持っていたことに驚きます。当時は海に面した海洋都市で商業都市。主な産物はワイン。街にはその取引に各地から多くの人がやってきました。
碁盤の目のように引かれた道。両脇の歩道は現在のように一段高く、さらに飛び石の横断歩道もあるんですヨ。この飛び石の間隔は、街で統一された馬車の車幅で、外部からの馬車のサイズに合わないことも多々。また馬車は街の中心に入れないため、貸馬車業や物品運搬業が存在していたのだとか。スゴイ!

 

道路の地面には風俗宿の方角を示す男性器が・・・ 道路の地面には風俗宿の方角を示す男性器が・・・

感動・驚嘆の正体とは?

上下水道が整備され、クリーニング屋さんがあり、古代ローマの歴史に違わず広場(FORO=フォーロ)があれば、それに面して教会・裁判所・公会議場。また大衆浴場には温水&冷水の浴槽にジャグジー風呂まで。信じられます!? 浴槽に刻まれた『次の選挙では私に投票を!』なんて文字を見る頃には、驚きを超えて笑い&親しみさえ感じますよね。その他、飲み屋ありパン屋あり、風俗業も堂々とした店構え。脱帽です(笑)。
そんな中でひとつ胸を締め付けられるのは、苦しみ悶える生々しい人々や犬の姿。それは長い年月の間に硬化した火山灰の中で朽ちて空洞となったところに石膏を流し込み固めたものです。
2008年のナポリのゴミ問題で入場者数が幾分減少したものの、年間220万人が訪れるポンペイの遺跡。訪問の際にはガイドツアーに参加されるか、または個人的にガイドさんをお願いされることをお勧めします。

 

右手の山がヴェスヴィオ火山 右手の山がヴェスヴィオ火山

■Scavi archeologici di Pompei(ポンペイの遺跡)
住所:Via Villa dei Misteri 2, Pompei(Napoli)
電話:(+39)081-8575347
URL:www.pompeiistites.org
入場料:11ユーロ
開場時間:11〜3月は8:30〜17:00(入場は〜15:30)/4〜10月は8:30〜19:30(入場は〜18:00)
定休日:1/1、5/1、12/25
お勧めガイドツアー「Green Line Tours」-www.greenlinetours.com
(月〜金/日本語デスク:06-47823713)
*131ユーロのところ7月限定で90ユーロ

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/07/06)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事