ラベンナ旅行・ラベンナ観光徹底ガイド

ラベンナ旅行・ラベンナ観光徹底ガイド


ラベンナ旅行・観光の見どころ・観光情報

ベネチアの南、アドリア海に面したラベンナは、かつて西ローマ帝国と東ゴート王国の都が置かれたこともある古都。きらびやかなモザイク美術の宝庫としても知られ、当時の建築物は「初期キリスト教建築群」として世界遺産に登録されている。その代表のひとつが6世紀に建てられたサン・ヴィターレ聖堂。八角形の建物内部には色彩鮮やかで細かなモザイクの装飾が見られ、訪れる人を魅了している。また、ガッラ・プラチーディアの廟はさらに古い5世紀半ばの建築で、この内部もすばらしいモザイクで飾られている。さらに、町の近郊5kmの場所にあるサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂も見事で、足を延ばす価値はある。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ラベンナの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
イタリア語 EUR 約13時間 約-8時間

ラベンナ旅行・観光の選び方

教会のモザイク画に感動した翌日は、オプションでモザイク体験レッスンを

世界遺産でありながら、ラベンナへのツアーはあまり多くない。ツアー期間は7〜8日間が主流で、美食の町ボローニャやエステ家統治のもとで栄えたフェッラーラとセットで訪れるツアーが多い。また、花の都フィレンツェや、ラファエロやブラマンテなどの画家を排出したウルビーノ、港町リミニなどが含まれることもある。このほか、オプションとして1日モザイク体験レッスンをつけられるツアーもあるので要チェック。町は小さく、主な場所は半日あれば見て回ることが可能だが、興味がある人は1日いても飽きないはず。食事は中に肉が入ったパスタ、カペレッティなどのエミリア・ロマーニャ州名物料理を。(2016年9月編集部調べ)


ラベンナ観光のこだわりポイント

美しすぎる芸術を鑑賞する世界遺産
初期キリスト教建築物群として合わせて8つの建物が世界遺産に登録されている。内部のモザイク装飾は当時のままの美しさだ。
名物料理を食べつくそう伝統料理・名物料理
エミリア・ロマーニャ地方は美食の地域と言われている。滞在中は鶏肉の煮込み料理の「カチャトラ」などの名物料理を制覇したい。
解説付きで周りたい観光地半日観光付き
町は小さいので、歩いて観光名所を回ることができる。解説を聞きながら鑑賞すると、楽しさも一層増すに違いない。
周遊型のツアーは朝食付きが便利全朝食付
移動が多い周遊型のツアーでは、朝が忙しい。朝食付きのツアーなら、貴重な朝の時間をホテルで有効に使える。

現地ガイド発!ラベンナの観光最新情報

2014/02/16 観光地・名所

イタリア北部にあるラベンナの町は、幻想的なモザイク画の宝庫

ラベンナ旅行イメージ-イタリア北部にあるラベンナの町は、幻想的なモザイク画の宝庫 イタリア北部にあるラベンナの町は、幻想的なモザイク画の宝庫

フィレンツェから北東へ約100km、ラベンナという小さな町があります。古代ローマ時代から中世にかけて発展を遂げました。現在は人口15万人ほどの、とても静かな田舎の町です。5、6世紀頃からの初期キリスト教建造物や、その内部に残されたモザイク画を一目見ようと多くの観光客が訪れます。私もその一人。フィレンツェから早朝の電車に乗り、2時間半ほどで到着。駅から中心地のツーリストインフォメーションまで10分ほど歩き、町の地図をもらって、世界遺産に指定されている5カ所の共通券を購入。まずはそこから一番近いサン・ヴィターレ聖堂に入りました。続きを見る



ラベンナ人気の旅行


最安料金万円

合算 16.00万円22.60万円
旅行代金: 16.0022.60万円
燃油:旅行代金に含まれています
8日間
成田発

ラベンナ ツアー

【洗練されたデザインが魅力@アリタリア航空利用】美食の宝庫エミリア街道を走る♪ サンマリノのお膝元リミニとモザイク画で有名なラベンナ&赤いレ…

ホテル:ホテル・パラッツォ・ヴェッキオ(フィレン…
航空会社:アリタリア‐イタリア航空 指定

日程表を見る

■利用航空会社はアリタリア・イタリア航空***♪観光立国イタリアを代表する航空会社です。社名の「アリタリア」は翼を意味する「アリ」と「イタリア」を掛け合わせた造語であります。♪機内では搭乗したとき…

旅行会社/ブランド:ヨーロッパ専門店I.T.S


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ラベンナ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ラベンナ観光情報が満載。
ラベンナ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。