page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ローマ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローマ7つの丘のうち、最も歴史深き丘「パラティーノ」


掲載日:2007/10/11 テーマ:歴史 行き先: イタリア / ローマ

タグ: 遺跡 宮殿


ローマの建設は、パラティーノにはじまる

アウグストウス皇帝の住居跡 アウグストウス皇帝の住居跡

ローマの7つの丘のうち、最も歴史の深い丘と言われているが、その歴史を簡単にご説明しよう。伝説によると、ローマという街は、双子「ロモロとレモ」によって築かれた。彼らは、オオカミによって育てられ、後にロモロは、ローマ初代の王として即位した、という話は、ローマッ子なら誰でも知っている逸話である。そして、捨て子であった彼らが一番最初に発見されたというのが、実はパラティーノの丘であり、紀元前のローマ人が定住をはじめた最初の場所と言われている。ということで、ローマという街が建設された起源は、パラティーノにあるのである。

旧市街の中心に位置する遺跡は、ローマ帝国時代の宮殿

「パラティーノ」は、イタリア語で宮殿という意味で、実際に、ローマ帝国時代には、帝国を支配した皇帝たちの宮殿があった。初代のアウグストウス皇帝(紀元前63年から14年)を筆頭に、ティベリウス皇帝やドミティアン皇帝が住居にしたと言われている。
また、貴族の邸宅が丘に並んでいたということで、由緒正しい高級住宅地であった。現在では、神殿の石柱や、馬場として使われていたスタジオを目にすることができる。また、高台になっているので、遺跡の合間からローマの街を見渡すことができる。

お勧めルートはこれ

パラティーノの入り口が、わかりにくいのだが、チルコ・マッシモとコンスタンティン凱旋門の間にある。コロッセオから200メートルぐらい歩いたところにあるので、お見逃しないように。コロッセオとパラティーノの入場券はセットになっており、13:30以降にどちらかに入場すると、翌日の13:30まで有効。コロッセオのチケット売り場のほうが常に混んでいるので、パラティーノに初日の午後、そして、翌日にコロッセオというルートがお勧めだ。また、「ローマパス」というチケットは、共通入場券に地下鉄とバスの切符もついている。テルミニ中央駅の観光案内所や街のツーリストインフォーメーションで購入でき、20ユーロのチケットは3日間有効で、地下鉄メトロとバスの乗り放題なので、これもいいかも。

【関連情報】

■PALATINO (パラティーノ)
住所:Via S.Gregoria, 30, Roma
電話:+39-06-39967700
営業時間:09:00〜18:30 (季節によって変更あり)
定休日:年中無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索