page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ローマ・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

紀元前にタイムスリップできる、ローマ帝国の中心「フォロ・ロマーノ」


掲載日:2007/10/17 テーマ:世界遺産 行き先: イタリア / ローマ

タグ: 遺跡 世界遺産


公共広場として使われた形跡をたどって

「フォロ」は、英語では、フォーラム=公共広場という意味を持つ。このフォロ・ロマーノには、ローマ帝国時代の生活の形跡が残っており、時代の都市生活がどのように発展していったかという経過を、遺跡を通して見ることができる。
構成だが、主に、神殿、バジリカ(聖堂)、凱旋門、宮殿、国会議事堂などからなっている。もともとは、丘の間に位置する湿地であったのだが、紀元前にはすでに下水道が整備され、宮殿が建てられた。アウグストウス帝の時代に、床に使われたトラバーチン(石灰華)という白い石はまだ残っており、実際に目にすることができる。

ジュリアス・シーザーが暗殺された場所

何年もの発掘調査を繰り返し、何層にも重なっている遺跡が掘り出された。フォロ・ロマーノは、洪水等の自然災害によってダメージをうけ、ローマ帝国の滅亡とともに、8世紀には、もうすでに崩壊されていたと言われている。現在見ることができるのは、ほとんどが紀元後のものである。きれいに形を残しているのは、クーリアと呼ばれる元老院。共和制時代の政治の中心であった建物である。また、ジュリアス・シーザーが暗殺された場所とも言われている。また、ローマの建国者、ロモロのお墓であるラピス・ニジェールも忘れずに。コンスタンティン帝凱旋門は、中世には、地中に埋まっていたので、そのまま形が残っている。どの柱、石をとっても、歴史のエピソードが絶えない場所である。

入場料は無料!

この巨大な遺跡は、少なくとも半日かかるので、あせらずにゆっくり廻ってみよう。信じられないようだが、入場料は無料なので、何回かにわけてみるのも一案である。観光客の少ない朝や日陰のできる夕暮れどきが、ちょうど良い。夜になると、ライトアップされるので、道から中を覗くこともできる。当時のローマ人の生活がしみじみと感じられるスペースである。「すべての道はローマに通じる」と言われるが、そのローマの起点がここにあるのである。

【関連情報】

住所:Foro Romano
Piazza Santa Maria Nova 53, 00186 Roma Italy
電話:+39-06-699 0110
URL:http://www.archeorm.arti.beniculturali.it
営業時間:12:00〜翌1:00
定休日:年中無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索