パンテオン―光と影のコントラストから生まれる空間

イタリア・ローマ・世界遺産の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

パンテオン―光と影のコントラストから生まれる空間

掲載日:2007/11/13 テーマ:世界遺産 行き先: イタリア / ローマ ライター:山盛菜々子

タグ: すごい! 建築 世界遺産



ABガイド:山盛菜々子

【イタリアのABガイド】 山盛菜々子
全ガイドを見る
イタリア在住。外国人記者クラブ所属。日本ではブルームバーグ、スカイイタリアのアジア特派員として生放送に出演。政治家、実業家、俳優、デザイナーなど、多数の著名人と対談。2006年4月に、フリーの記者として独立。ファッション、紀行、デザインの取材に関わることが多いが、文化、政治経済、エンターテイメントなど、ジャンルを問わずに幅広く活躍中。

正面はポーチ型、円堂は高く空にのびるドームがかぶさっている 正面はポーチ型、円堂は高く空にのびるドームがかぶさっている

さまざまな神様が奉られた万神殿

パンテオンは、ギリシャ語で「すべての神の神殿」を意味する。古代ローマ時代の人々は、7つの惑星の神々を信じていたが、その七神を奉る神殿として建設されたのが、パンテオンである。ギリシャ神話やローマ神話の神々を奉った神殿は、7世紀頃からは、一神教であるキリスト教の教会として使われたと言われている。そして、16世紀のルネッサンス時代ごろからは、墓として使われ、アーティストのラファエルや建築家のペルッツィの墓がある。現在でも、キリスト教のミサや結婚式が行われており、ラッキーな人は、結婚を祝うカップルの姿を見ることができる。

 

世界最大の古代コンクリートドーム

最初のパンテオンは、紀元前27年に、初代ローマ皇帝のアウグストウスの側近であったアグリッパによって建設された。しかし、紀元前80年の大火事が起こり、多くの建物が焼失し、パンテオンも破壊された。現在見ることができるのは、再建されたパンテオンであり、石に記された日付によると、125年頃に建てられたようである。再建されたとはいえ、現在見ることができるローマ時代の建物のうちでも、これほど当時の姿がそのまま形を残している建物は他にない。そして、最高の保存状態を誇る秘密は、素材にある。鉄筋コンクリートの倍の強度を持つと言われている古代コンクリートが素材として使われている。ちなみに、パンテオンは、古代コンクリートでできた世界で最大のドームである。

 

パンテオンの構造は、ルネッサンス建築の手本

パンテオンの中核構造だが、円筒の中心部、そして中堂の上にかぶさっている半球(ドーム型)の上部からなっている。中心部の円堂は、直径43.2m、床からドーム頂点の距離も43.2mである。言い換えれば、すっぽりとドームの円球が、円堂に入ってしまう。そして、建物の正面部は、ギリシャ式の円柱が支える3段のポーチ(ポルティコと呼ばれるアーケード)になっており、入り口は、広場に面している。1000年以上後のルネッサンス時代に、アーティストのブルネレスキは、フィレンツェの大聖堂を建てる際に、この複雑なパンテオンの構造を見て、インスピレーションを求めたと言われている。

 

オクルスから差し込む太陽光線が、パンテオン内部を照らしている オクルスから差し込む太陽光線が、パンテオン内部を照らしている

自然の明かりが生む光の空間

銅の扉を通り、中に一歩踏み入れると、すぐに内部一体の円形空間があり、
頭上を見上げると半球の天井には、オクルスと呼ばれる唯一の採光口(天窓)がある。そして、オクルスから入り込む太陽の光が、内部一帯の明かりを生み出している。自然の光を使うとということは、天気や時間によって明るさが変わり、床の大理石や壁の色が変わる。この自然光を巧く取り入れる効果が生かされ、光と影が遊ぶすばらしい空間がある。一方で、内部の薄暗さは神秘な感覚を呼び、詳細を見ていくと時間の経過を忘れてしまうほどである。前を通るたびに入りたくなるパンテオンは、ローマの必見ポイントである。

 

【関連情報】

住所:Piazza della Rotonda, Rome
Tel: +39.6.68300230
開館時間:08:30〜19:30(月〜土) 09:00 〜13:00(日曜日)
定休日:日曜午後(ミサによる臨時閉館もあり)

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/13)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ローマツアー


最安料金万円

合算 3.98万円4.28万円
旅行代金: 3.984.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ローマ ツアー

ギリ割!【出発日限定特別価格★ローマっ子と一緒に市内観光付♪】羽田発深夜便で行く!価格重視の方に嬉しい 永遠の都「ローマ」へ!5日間 毎朝食…

ホテル:アバディーン他69ホテルのいずれか(ロー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

【ホテル名未定コース:市内ホテル】ホテル名はご出発2週間〜1週間前までにお届けする最終日程表でのご案内となります。その時点でホテルの変更は承れません。ホテル未定のコースの場合、古いホテルや中心部か…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.18万円
旅行代金: 4.18万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ローマ ツアー

弾丸旅!≪早割25≫羽田発深夜便で行く!価格重視の方には嬉しい 永遠の都「ローマ」へ!5日間 毎朝食付

ホテル:アバディーン他69ホテルのいずれか(ロー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

【ホテル名未定コース:市内ホテル】ホテル名はご出発2週間〜1週間前までにお届けする最終日程表でのご案内となります。その時点でホテルの変更は承れません。ホテル未定のコースの場合、古いホテルや中心部か…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.20万円10.35万円
旅行代金: 4.2010.35万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

ローマ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに成田夜出発☆価格重視で行くローマ5日間〜全朝食付〜

ホテル:キャピトル(ローマ)、又は同等エコノミー…
航空会社:エミレーツ航空、エティハド航空、ターキッ…

日程表を見る

★体にやさしいフライト発着時間 夜出発なのでシートに体をあずけてお休み下さい。★リーズナブルにローマへ ヴェネツィア広場を中心に古代ローマ遺跡や教会、宮殿など歴史ある建造物が取り囲み世界遺産にも指…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル

合算 4.38万円
旅行代金: 4.38万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
羽田発

ローマ ツアー

≪早割25≫羽田発深夜便で行く!価格重視の方には嬉しい 永遠の都「ローマ」へ!6日間 毎朝食付

ホテル:アバディーン他69ホテルのいずれか(ロー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

【ホテル名未定コース:市内ホテル】ホテル名はご出発2週間〜1週間前までにお届けする最終日程表でのご案内となります。その時点でホテルの変更は承れません。ホテル未定のコースの場合、古いホテルや中心部か…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.40万円10.55万円
旅行代金: 4.4010.55万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

ローマ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに成田夜出発☆価格重視で行くローマ6日間〜全朝食付〜

ホテル:キャピトル(ローマ)、又は同等エコノミー…
航空会社:エミレーツ航空、エティハド航空、ターキッ…

日程表を見る

★体にやさしいフライト発着時間 夜出発なのでシートに体をあずけてお休み下さい。★リーズナブルにローマへ ヴェネツィア広場を中心に古代ローマ遺跡や教会、宮殿など歴史ある建造物が取り囲み世界遺産にも指…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル

合算 4.50万円5.55万円
旅行代金: 4.505.55万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ローマ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに羽田夜出発☆世界遺産の宝庫イタリア☆ローマ5日間◇エアーもホテルもアレ…

ホテル:キャピトル(ローマ)、又は同等エコノミー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 共同運行

日程表を見る

★リーズナブルにローマへ ヴェネツィア広場を中心に古代ローマ遺跡や教会、宮殿など歴史ある建造物が取り囲み世界遺産にも指定されています。古代から現代への移り変わりに思いをはせ、ロマンを感じてみて下さ…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事