page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ローマ・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

騒がしい大通りの裏にひっそりと隠れるアウグストウス霊廟


掲載日:2007/11/27 テーマ:世界遺産 行き先: イタリア / ローマ

タグ: すごい! 遺跡 一度は行きたい 世界遺産 歴史


アウグストウス霊廟の構造

緑に覆われたアウグストウス霊廟には、一族の遺体が納められていた 緑に覆われたアウグストウス霊廟には、一族の遺体が納められていた

アウグストウス霊廟は、文字通り、アウグストウス広場にある、アウグストウス皇帝の墓。紀元前27年から西暦14年の間、ローマ帝国を支配した初代皇帝アウグストウスが建設した。アウグストウス帝が企画した初期のプロジェクトのうちのひとつである。円形の建物の構造は、土とレンガでできている輪とその上にかぶさっている円筒形の屋根とアウグストウスの像からできている。入り口から伸びている廊下は、中心の空間とつながっており、この空間に一族の灰が納められている墓がある。そして、入り口のアーチを飾っていた2本の記念碑(オベリスク)は、現在、エスクイリーノ広場とクイリナーレ広場にそれぞれ置かれているので、時間があれば、こちらも見に行ってみよう。もともとの大きさは、高さ42メートル、直径90メートルもあったと言われている。

一族が眠る巨大な墓

一番最初に葬られたのは、アウグストウスの甥のマルチェッロ。(前回ご紹介した、マルチェッロ劇場のマルチェッロである。)そして、アウグストウスはもちろん、皇妃のリヴィアや2代目の皇帝など、一族が眠る巨大な墓である。その後、ローマ帝国は、ゴート族によって侵略され、410年に攻め落とされる。ゴート族は、納体堂を銃撃し、墓の灰を散らしたが、奇跡的にも建物の構造にダメージはなかった。中世の時代には、要塞としても使われたが、次第に遺跡となってしまった。そして、1936年代まで、手をつけられずにほおっておかれたのである。

発掘作業は、ムッソリーニのおかげ?!

ローマ帝国を代表する遺跡であるアウグストウス霊廟の発掘作業は、1936年に始まる。当時、ファシズム指導者であり、イタリアの首相であったムッソリーニは、偉大なるローマ帝国の皇帝であったアウグストウスを崇拝していた。ムッソリーニは、ローマ帝国時代の栄光をファシズム(極右的国家主義)と関連づけ、ローマの街を再開発する意気込みだった。悪い印象ばかりが残っている独裁者のムッソリーニだが、彼が支持した発掘作業のおかげで、今私たちは、アウグストウス霊廟を見ることができるのだ!

静かで落ち着くローマの一角

人通りが多く、バスや車がひっきりになしに通るコルソ通りの裏にあるこの遺跡は、都会の騒がしさから逃げるにはちょうど良い。緑の糸杉がさらに雰囲気をだしており、一息つくには最高のスポットである。この遺跡を眺めながらのランチがお勧めだが、これは次回のお楽しみ!

【関連情報】

住所:Piazza Augusto Imperatore,Rome 00186 Italy
Tel: +39-06-48 8991

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索