page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ローマ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローマ料理をカジュアルに楽しむならここ「ダ・フランチェスコ」


掲載日:2008/01/21 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / ローマ

タグ: おいしい グルメ レストラン


中心街でカジュアルなローマ料理を食べよう

ピンクのテーブルクロスは、イタリア食堂の基本。並んでおいしいものを食べよう ピンクのテーブルクロスは、イタリア食堂の基本。並んでおいしいものを食べよう

観光客の多い場所で、レストランを選ぶのは難しい。ツーリストが多すぎて、外国人ばっかりが入っているレストランはあまりにも観光客目当てでボラれるのが見え見えだし、イタリア人しか相手にしない所もなんとなく気が引ける。そんな時は、「ダ・フランチェスコ」に限る。噴水がきれいなナボーナ広場などの観光スポットに近く、ローマの中心街にありながら、気楽にローマ料理が楽しめる人気トラットリアである。

雰囲気と気分によって選べる飲食店

イタリア語で、リストランテ、トラットリア、オステリア、エノテカという4種類の飲食店を表す言葉があるが、これは、価格、サービス、雰囲気のレベルによって分かれている。「リストランテ」は、一番エレガントで、高級感のある飲食店。料理もサービスも一流のものが多い。「トラットリア」は、カジュアルシックで、値段はまちまち。「オステリア」は、いわゆる日本語で言う居酒屋である。また、「エノテカ」は、主にワインバーで、立ち飲みのカジュアルバーからお洒落なつまみのあるバーなどいろいろである。
オステリアでも、レストランレベルの食事が楽しめる場所もあるが、基本的に、グレードが分かれているので、TPOに合わせていろいろ選ぼう。「リストランテ」という名がついているところには、夕食前に着替えて、オステリアならスニーカーでも大丈夫。

おいしくて安いレストランを並ぶのはあたりまえ

「ダ・フランチェスコ」は、トラットリアとオステリアの中間ぐらいにあたるカジュアルな人気スポットで、いつも店の前に行列ができている。おすすめは、ビュッフェスタイルのアンティパスト(前菜)。お皿をもらって、好きな物をとりわけることができるので、食べ過ぎないように。野菜のグリルやオイル漬けがおいしい。アマトリチャーナ(トマトとベーコンのパスタ)や、カルボナーラなどのパスタもおいしいし、ローマ風の薄焼きピザも絶品だ。家庭的な料理が味わえるお店で、メニューの豊富さがうれしい。並んで、隣の人とおしゃべりしながら待つのも悪くないが、待つのが嫌な人は、予約しよう。クレジットカードが使えないのはイタイが、下町風の飲食店ならあたりまえ。お値段は、非常にリーズナブルなので、ご心配なく。好きな物を好きなだけ食べよう。

【関連情報】

■Da Francesco(ダ・フランチェスコ)
住所:Piazza del Fico, Roma
Tel: +39-06-66864009

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索