page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ローマ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローマ時代のダウンタウン、モンティ地区 〜情緒のある街並みを歩く〜


掲載日:2008/06/20 テーマ:歴史 行き先: イタリア / ローマ

タグ: 街歩き 世界遺産


古代のダウンタウン モンティ地区

情緒のある Monti 地区 情緒のある Monti 地区

スペイン階段とコロッセオの中間ぐらいにあるモンティ地区。ローマ旧市街の12地区のうちの1地区である。古代は、売春宿などがある貧民街で、かなり人口密度が高かったらしい。「Monti(モンティ)」はイタリア語で山々という意味で、その名前のとおり、このエリアは、道幅の狭い急な坂に囲まれていた。そのため、下水道が破壊された中世期には、水を運ぶのが大変で、多くの住民が立ち退いていったと言われている。1800年代の初期でさえも、水回りが悪いこと、バチカンから遠いなどの理由から、あまり人気のあるエリアではなかったようだ。

歴史の重みを感じさせられる街並

モンティ地区の暗い雰囲気が変わりはじめたのは、19世紀にローマがイタリア共和国の首都になってから。この頃になって、都市計画が進められたからだ。そして、ファシズム時代には、大通りフォーリ・インペリアーリを開発するために、近辺にあったモンティ地区が一変した。この道の開発のために、地下に何百年も眠っていたフォーラムが発掘されたからだ。モンティ地区から徒歩15分以内で行かれる遺跡は、コロッセオ、ネロのドームス・アウレリア、トライアン浴場、タイタス浴場、トライアヌス市場など。近辺にある遺跡の数から想像できるように、このモンティ地区は歴史にどっぷりつかっているエリアなのである。

古代の貧民街は今や高級住宅地

テルミニ中央駅から地下鉄で1駅、コロッセオから歩いて15分という便利な位置にあるこの地区は、今や高級住宅地。友人がこのあたりに小さな2DKを借りていたが、家賃は確か2000ユーロぐらいだった。日本円にしてなんと30万円以上! 住民にはアーティストも多いとか。

個性派はモンティで遊ぶ!

一方で、レストラン、バー、セレクトショップなどが石畳の細い道に並んでおり、ローマの情緒のある場所として親しまれている。ほとんどの店はこじんまりとした個人店で、大通りにはないユニークなお店が多いのが特徴だ。坂を上り下りしなければならないので、歩きやすい靴を履いていくこと! Via dei Serpenti (セルペンティ通り)には、インド料理や和食のレストランもあり、イタリア料理に飽きたらここへ。多くのエノテカやレストランは遅くまで営業してるので、夜更かしさんにもお勧めだ。

【関連情報】

住所:Piazza Madonna dei Monti (マドンナ・デイ・モンティ広場)
Via dei Serpenti (セルペンティ通り)
地下鉄B線で中央駅のTermini から一駅、
Cavour で下車。徒歩5分ほど。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索