古代ローマの遺跡の中で現存する最も完全な遺産〜パンテオンは奇跡的建築物です

イタリア・ローマ・遺跡の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

古代ローマの遺跡の中で現存する最も完全な遺産〜パンテオンは奇跡的建築物です

掲載日:2009/06/19 テーマ:遺跡 行き先: イタリア / ローマ ライター:木場しのぶ

タグ: すごい! 遺跡 建築



ABガイド:木場しのぶ

【イタリアのABガイド】 木場しのぶ
全ガイドを見る
ライター、コーディネーター、フォトグラファー。専ら端午の節句生まれを誉れとし、鯉幟を吊るす竹のように生きることを目指す。趣味・興味は多方面に渡るが、特に“食べて飲んで湯に浸かる”の3拍子をこよなく愛する。イタリア語通訳案内士資格を所持し、通訳としても活動。著書『蝦(エビ)で釣られたイタリア』は涙と笑いのイタリア滞在記。

パンテオンのドーム(丸屋根)の一部とその中心に開いた穴 パンテオンのドーム(丸屋根)の一部とその中心に開いた穴

天井の“穴”

「あの穴にはガラスが付いてるの?」
あれはまだ20世紀、初めてローマのパンテオンを案内してもらった際、天井に開いた“丸い穴”の先にある青空を見たとたん、お恥ずかしながら私の口から飛び出した言葉でした。こんなにりっぱな神殿の内部が雨で濡れるはずはない、と思ったのです。
あれから10年以上。疑問は疑問を呼び、雨の日に訪ねたことがないため、残念ながら自分の目では確認できていません……

 

パンテオンの外観 パンテオンの外観

神殿から寺院、そして現在へ

さて穴の話は後にして先にこのパンテオンですが、キリスト教が布教する以前に神殿として作られました。キリスト教は313年にコンスタンティヌス1世によって公認された後、380年にテオドシウス帝によりローマの国教となりましたが、それまでローマは多神教の国だったのです。ですから、民衆は各々が信じる神を祈りにこのパンテオンに集まっていたのですね。なんとなく不思議な感じがしますよね。そして7世紀になるとキリスト教の寺院となったおかげで、中世期に文芸復興の名のもとに古代ローマの建造物破壊が行われる中で、今日まで残りうる運命を得たのでした。

 

約2000年も前の正確な建築物

現在我々が目にするものは115〜118年にかけて建てられたもので、紀元前25〜27年頃の最初の建築が火事で焼失した後に建て直されたものです。それにしても2000年ほども昔の建物がこれほど立派に残っているなんて、奇跡としか言いようがないように思います。もちろんこのパンテオンは、古代ローマの建造物の中で、最も保存状態がよいとされていますね。
パンテオンは円堂の上部に半球形のドームの付いた石造りの建物で、直径43.44m。ドームの真ん中に開いている穴までの高さも同じく43.44m。当時これほど正確な建物を、それも“石”で造ったなんて、先人らはどういう脳ミソを持っていたんでしょう……

 

謎の“穴”について

でもその“脳ミソ”については、まだあるんです。それがてっぺんの“穴”。これが採光のためのものであることは一目瞭然ですが、地上から見上げると小さそうな穴も、実は直径8.92mもあるのです。「雨が降るとどうなるんだろう……!?」とは、やはり皆さん考えますよね!
実は外が土砂降りでも、パンテオンの中(穴の下)は土砂降りにはならないそうなんですよ。というのは、この円堂からドームへと上昇する空気の流れが穴から吐き出されることにより、降り注ぐ雨を細かく砕いて外側へと跳ね返すそうなのです。建築工学的に作られたものだという話も聞きましたが、2000年前の人間の脳細胞がどれほど発達していたものか…。でも、これまで数知れず先人の遺産(知恵)を拝む機会を得てきた私は、素直に納得してしまうのです。
そうははいってもご安心ください。直径約9mもあるのですから全く降り込まないはずはありません。床面には排水口が設けてありますから。
ぜひ是非、この形容しようのない奇跡的な遺産を、ご自身の目でご覧になってください!! 実際に目にしたとき、さてあなたは信じるでしょうか!?

 

【関連情報】

■ Pantheon(パンテオン)
住所:P.za della Rotonda、Roma
電話:(+39)06-68300230
入場料:無料
開館時間:9:00〜19:00
定休日:無休

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/19)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ローマツアー


最安料金万円

合算 3.98万円4.28万円
旅行代金: 3.984.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ローマ ツアー

ギリ割!【出発日限定特別価格★ローマっ子と一緒に市内観光付♪】羽田発深夜便で行く!価格重視の方に嬉しい 永遠の都「ローマ」へ!5日間 毎朝食…

ホテル:アバディーン他69ホテルのいずれか(ロー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

【ホテル名未定コース:市内ホテル】ホテル名はご出発2週間〜1週間前までにお届けする最終日程表でのご案内となります。その時点でホテルの変更は承れません。ホテル未定のコースの場合、古いホテルや中心部か…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.18万円
旅行代金: 4.18万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ローマ ツアー

弾丸旅!≪早割25≫羽田発深夜便で行く!価格重視の方には嬉しい 永遠の都「ローマ」へ!5日間 毎朝食付

ホテル:アバディーン他69ホテルのいずれか(ロー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

【ホテル名未定コース:市内ホテル】ホテル名はご出発2週間〜1週間前までにお届けする最終日程表でのご案内となります。その時点でホテルの変更は承れません。ホテル未定のコースの場合、古いホテルや中心部か…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.20万円10.35万円
旅行代金: 4.2010.35万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

ローマ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに成田夜出発☆価格重視で行くローマ5日間〜全朝食付〜

ホテル:キャピトル(ローマ)、又は同等エコノミー…
航空会社:エミレーツ航空、エティハド航空、ターキッ…

日程表を見る

★体にやさしいフライト発着時間 夜出発なのでシートに体をあずけてお休み下さい。★リーズナブルにローマへ ヴェネツィア広場を中心に古代ローマ遺跡や教会、宮殿など歴史ある建造物が取り囲み世界遺産にも指…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル

合算 4.38万円
旅行代金: 4.38万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
羽田発

ローマ ツアー

≪早割25≫羽田発深夜便で行く!価格重視の方には嬉しい 永遠の都「ローマ」へ!6日間 毎朝食付

ホテル:アバディーン他69ホテルのいずれか(ロー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

【ホテル名未定コース:市内ホテル】ホテル名はご出発2週間〜1週間前までにお届けする最終日程表でのご案内となります。その時点でホテルの変更は承れません。ホテル未定のコースの場合、古いホテルや中心部か…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.40万円10.55万円
旅行代金: 4.4010.55万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

ローマ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに成田夜出発☆価格重視で行くローマ6日間〜全朝食付〜

ホテル:キャピトル(ローマ)、又は同等エコノミー…
航空会社:エミレーツ航空、エティハド航空、ターキッ…

日程表を見る

★体にやさしいフライト発着時間 夜出発なのでシートに体をあずけてお休み下さい。★リーズナブルにローマへ ヴェネツィア広場を中心に古代ローマ遺跡や教会、宮殿など歴史ある建造物が取り囲み世界遺産にも指…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル

合算 4.50万円5.55万円
旅行代金: 4.505.55万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ローマ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに羽田夜出発☆世界遺産の宝庫イタリア☆ローマ5日間◇エアーもホテルもアレ…

ホテル:キャピトル(ローマ)、又は同等エコノミー…
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 共同運行

日程表を見る

★リーズナブルにローマへ ヴェネツィア広場を中心に古代ローマ遺跡や教会、宮殿など歴史ある建造物が取り囲み世界遺産にも指定されています。古代から現代への移り変わりに思いをはせ、ロマンを感じてみて下さ…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事