page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ローマ・海外旅行の準備の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

イタリアへの旅行準備


掲載日:2013/10/24 テーマ:海外旅行の準備 行き先: イタリア / ローマ

タグ: ためになる


イタリアの治安・トラブル・マナー・宗教・喫煙事情

イタリアへの旅行準備 イタリアへの旅行準備

■治安
イタリアでは日本人旅行者はお金持ちと認識されているので、スリ被害が後を絶ちません。日本人だけを狙うスリ集団もいるので、必要な小銭だけをポケットに入れ、財布やパスポートは肌着の内側などに携帯することをおすすめします。地下鉄、バス、朝市などの雑踏の中ではカバンは前に抱えるように持つのが良いです。
また近年は警察官に扮した詐欺も多発しています。基本的に私服警官が旅行者に財布や身分証の提示を求めることはありません。無視をするか近くの制服を着た警察官を見つるのが良いです。
置き引き被害も多いので、レストランは個室でも荷物を置いたまま席を離れないのが基本です。ほかにクレジットカードのスキミング犯罪も増加傾向にあるので、支払い時はクレジットカードから目を離さないようにしましょう。

■トラブルに巻き込まれた時
ただちに警察(Polizia)、カラビニエーリ(Carabinieri)に連絡しましょう(電話番号は警察が113、カラビニエーリが112)。町のメイン広場には警察官も多く待機しているので、そこに連絡するのも良いです。ホテル内で盗難などに遭遇した場合は、ホテルから警察に連絡してもらえます。

■マナーや宗教
・チップ
イタリアではチップは必須ではないです。ホテルなどは特に不要。レストランではサービスが良かった場合に限り、テーブルに小銭を置いていくことが多いです。タクシーも同様にサービスが良かったら、お釣りをチップ代わりに渡すことがあります。
・喫煙や飲酒
2005年1月にイタリアでは「禁煙法」が施行されました。レストラン、バール、美術館、映画館、博物館など、すべての屋内公共の場で喫煙は禁止となっています。ほかにもホテル内、空港、オフィス、公共交通機関である列車やバスの社内も同様で、違反者には罰金が課せられます。

両替とクレジットカード、T/Cの利用について

イタリアへの旅行準備 イタリアへの旅行準備

■通貨の種類
通貨単位はユーロ。紙幣にはEUROと表記されています。両替レートはイタリア国内よりも日本で行ったほうが良いケースが多いです。

■両替はどこでする?
イタリアで両替する場合は空港内が安心です。市内の両替所は法外な手数料を取ったり、詐欺まがいの行為も見受けられます。現金必要な場合は、日本のクレジットカード使って現地のATMでキャッシングするのが手数料含めてもレートが良いです。その場合は前の利用者を見て、きちんとATMが作動していることを確認したほうが安心です。

■現金・T/C・クレジットカード
クレジットカードは日本よりも利用できる店が多いです。レートを考えてもクレジットカードでの支払いがベストです。小さなおみやげ店などではカード使えない場合あるので、その時はユーロ現金が必要となります。T/Cは現在ほとんど利用できないと考えておきましょう。クレジットカードを店員さんに渡す場合はスキミングされないよう、カードから目を離さないようにしましょう。

現地での交通手段について

イタリアへの旅行準備 イタリアへの旅行準備

■タクシー
イタリアのタクシーは日本同様メーター制で、初乗り+距離もしくは時間で計算されます。街によって料金体系は異なりますが、初乗りはだいたい5ユーロ(約650円)と日本とほぼ同額です。空港から市内行きのタクシーなどは距離や時間に関係なく料金が決まっていることが多いです。またスーツケース1つあたり1〜2ユーロの追加料金、また深夜料金もあります。

■鉄道
トレーニタリア(Trenitalia)という旧国鉄がイタリア全土を網羅しています。料金は距離、電車の種類(ユーロスター/準急/鈍行)、クラス(1等/2等)によって変わりますが、日本よりもずっと安いです。現地で切符購入した場合は、乗車前の刻印を忘れると罰金が課せられます。

■ほか、現地での乗り物
市内にはバスや地下鉄のほか、トラム(路面電車)も走っています。街によって料金体系はさまざまですが、トラム、バス、地下鉄は共通チケットで時間制のところが多いです。例えばローマのバスチケットは1.5ユーロで75分間有効で、その間は何度でもトラムとバスを利用できます。このバスの切符も乗車後すぐに刻印する必要があります。また観光地では1日乗車券などお得な切符も多いので、自身の利用法にあったチケットを購入しましょう。

変圧器(電圧・プラグ)について

イタリアへの旅行準備 イタリアへの旅行準備

■電圧
電圧は220V、周波数は50Hz。コンセントタイプはCタイプ。日本のコンセントとは形状が異なるので、変換プラグが必要です。100〜240Vまで対応可能なデジタルカメラやパソコンなどあれば、変圧器は必要なく変換プラグのみで利用できます。

■プラグ
Cタイプのプラグで、日本のコンセントとは形状が異なります。変換プラグ(変換アダプター)が必要です。2穴と3穴式があります。ホテルにも変換プラグが置いていない場合もあるので、日本から持っていく必要があります。

イタリアの祝祭日

カトリックの国イタリアでは、宗教上の祝日が多いです。美術館などは1月1日、5月1日、12月25日休館のところが多いです。またイタリアの各都市にはその町の祝日もあります。

1月1日 元旦
1月6日 御公現の祝日
3月〜4月(毎年変更) 復活祭
3月〜4月(毎年変更) 復活祭翌日の月曜日(イースターマンデー)
4月25日 イタリア解放記念日
5月1日 メーデー
6月2日 共和国建国記念日
8月15日 聖母被昇天祭
11月1日 諸聖人の日
12月8日 聖母無原罪の御宿りの日
12月25日 クリスマス
12月26日 聖ステーファノの日

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/10/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索