徒歩で探索できるコンパクトな町並み

イタリア屈指の観光地域トスカーナ州。その中でも一番の人気都市と言えばやはり州都のフィレンツェですが、そのほかにも斜塔でおなじみのピサや音楽の都ルッカなど見どころがたくさんあります。そんなトスカーナ州の中でも今回特におすすめしたいのが、世界遺産の古都として有名なシエナ。この町がもっとも栄えた中世のころの景観が色濃く残っており、入り組んだ道が残る旧市街をぶらぶら歩いていると、まるでその時代にタイムスリップしたかような感覚を味わえます。見どころは世界遺産に指定されている歴史地区に集約されているので、そんな町並みを味わいながら徒歩だけで観光できてしまいます。今回は、そんなシエナのおすすめスポットをご紹介していきます。

カンポ広場で行われていたパリオのリハーサル。すでにものすごい数の人 カンポ広場で行われていたパリオのリハーサル。すでにものすごい数の人

扇形の模様が美しいカンポ広場

シエナに来たらまずご覧いただきたいのは、なんと言っても旧市街の中心にあるカンポ広場です。扇形の広場は「市庁舎(プッブリコ宮殿)」を中心に傾斜した独特な形状で、その景観に圧倒されます。広場に立って眺めるのもいいですし、市庁舎の横にあるマンジャの塔に上って上から写真を撮るのもいいと思います。周囲は歴史的な建物に囲まれているので、かなり写真映えもしますよ。それらの建物の多くは1階が飲食店になっており、テラス席もあるので広場の景観を眺めながらゆっくりと食事を楽しむという贅沢な過ごし方もできます。

競馬のお祭り「パリオ」の時期にはご注意を

このカンポ広場では年に2回(7月2日と8月16日)、「パリオ」と呼ばれる競馬のお祭りが行われます。パリオは12、13世紀から続く伝統的なお祭りで、その時期は町ぐるみで活気づきます。旧市街のエリアごとに競走馬が出されるのですが、エリアごとに決まった旗があって、パリオが近づくと町中でいろいろな旗が見られるようになります。注意したいのは、パリオの時期はカンポ広場には砂が撒かれてしまうので、広場の床面の模様を楽しむことができず、また写真も味気ないものになってしまいます。カンポ広場を目的にシエナを観光される方は、パリオの時期は外したほうが無難でしょう。逆にぜひパリオを見てみたいという方は、この時期は大変混雑するので、しっかり旅行計画を立てておきたいところです。私が観光したときは本番ではなく3日前から始まるリハーサルの時期でしたが、それでも広場にはすごい数の人が集まっていました。後半に続きます。