page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・シラクサ(シチリア島)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シラクーサの究極B級グルメ、馬肉パニーノが美味しい!


掲載日:2015/09/13 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / シラクサ(シチリア島)

タグ: おいしい グルメ レストラン 肉料理


南イタリアではメジャー食材、馬肉

これがイタリア12年生活で一番美味しかったシラクサーの「馬肉のパニーノ」。今思い出してもその時の感動が蘇ってきます。あぁ、もう一度食べに行きたい! これがイタリア12年生活で一番美味しかったシラクサーの「馬肉のパニーノ」。今思い出してもその時の感動が蘇ってきます。あぁ、もう一度食べに行きたい!

南イタリアやシチリア島では昔から馬肉を食べるって知っていますか。レストランを覗いてみると、馬肉のミートボールやステーキなど、他の町では見かけられない珍しいメニューに出会えます。シチリア島のシラクーサに詳しい友人にぜひ食べて欲しいグルメがあると勧められたのが、今回ご紹介するシラクーサの「馬肉パニーノ」です。レストランではほとんど目にすることのない、地元B級グルメ。シチリア旅行でもっとも印象に残った一品でした。大げさでなく今まで12年のイタリア生活で一番美味しいパニーノでしたよ。

駐車場に夜だけ登場する巨大な屋台!

屋台とは思えないほど大きなお店です。ショーケースには生肉が並んでいて、お客さんのリクエストで鉄板調理してくれるようです。初心者は無難にパニーノを注文しましょう。 屋台とは思えないほど大きなお店です。ショーケースには生肉が並んでいて、お客さんのリクエストで鉄板調理してくれるようです。初心者は無難にパニーノを注文しましょう。

シラクーサの観光の中心となるのがオルティージャ島。その島の入口にある、広い駐車場に登場する屋台で魅惑の馬肉パニーノが買えます。19時ころ、あたりが薄暗くなると駐車場の隅に遠くから目立つ「Paninoteca da Antonio e Daniele」の屋台が登場します。開店と同時に地元の人たちが三々五々集まって、夕食前の軽い食事とビールを楽しみます。トラックのような大きな屋台のショーケースには整理整頓された生肉が並び、その裏では若い店員さんたちが元気に調理中。美味しい香りと熱気は、まさにシラクーサのソウルフードの発信地です。

店員さんも親切で安心、1つ3.5ユーロ

店員さんは皆さんとても動きがよく、きびきびと働いていました。南の人はとても親切なので注文に戸惑っても助けてくれますよ。 店員さんは皆さんとても動きがよく、きびきびと働いていました。南の人はとても親切なので注文に戸惑っても助けてくれますよ。

活気ある屋台では注文に躊躇してしまいますが、ここの店員さんはとても親切で感じ良かったです。メニューを見る暇もなく、友人おすすめの「パニーノ・ディ・カヴァッロ(馬肉のパニーノ)」を1つ注文しました。定番というチーズと唐辛子のトッピングをオーダーすると、こんどは店員さんのお勧めで玉ねぎとオリーブも追加、さいごにマヨネーズを一絞りして完成です。熱々の馬肉のパニーノは1つ3.5ユーロ!注文するときは大声で「パニーノ・ディ・カヴァッロ」と叫べば大丈夫。2個欲しかったら指でピースをすれば通じます。

イタリアのB級グルメでナンバーワンかも。

オルティージャ島入り口にある遺跡。この広場から徒歩5分でパニーノ屋台が出没する駐車場にたどり着きます。 オルティージャ島入り口にある遺跡。この広場から徒歩5分でパニーノ屋台が出没する駐車場にたどり着きます。

馬ミンチはジューシーで香ばしく、まろやかなチーズとピリッと唐辛子が良いアクセントです。今まで食べてきたパニーノのどれよりも美味しかったです。人気屋台ということで注文方法など心配でしょうが、ぜひ多くの人に食べて欲しいです。シラクーサはシチリアでも治安の良い町なので夜もそれほど心配いらないでしょう。おそらく18時半にはオープンしているので少し早めに行けば安心ですよ。きっとシチリア島の楽しい思い出にもなることでしょう。大人気の「フライドポテト」も熱々、大盛りでとても美味しそうでしたよ。

店舗情報

■店舗情報
店名:Paninoteca da Antonio e Daniele (パニノテーカ・ダ・アントニオ・エ・ダニエーレ)
住所:Riva Nazzaro Sauro Ortigia シラクサ
営業時間:19時頃から深夜まで
定休日:不明
行き方:オルティージャ地区北の大きな駐車場内

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/09/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索